【今日は何の日?】新幹線、海の向こうでも走り出す

1月5日、日本の高速鉄道「新幹線」が、海の向こうでも走り始めました。

 2007(平成19)年の1月5日。日本の高速鉄道「新幹線」が、海の向こうでも走り始めました。台湾高速鉄道の開業です。

 この日、台湾高速鉄道は台北近郊の板橋駅と、台湾南部の高雄市にある左営駅とのあいだで“仮営業”を開始。これが「新幹線」初の海外輸出です。

150105 700t 01
東海道・山陽新幹線の700系をベースに開発された700T型車両(2014年11月、恵 知仁撮影)。

 使用する車両は、東海道・山陽新幹線の700系をベースに開発された700T型。似た部分は両車に多く見られますが、デザインや、また最高速度が700系は285km/hなのに対し700T型は300km/hであるなど、違いも色々と見られます。

 台湾高速鉄道は同年3月2日、台北~左営間で正式に開業。現在は同区間345kmを最短90分程度で結んでいます。

 ちなみに、日本の「グリーン車」にあたる車両は、台湾高速鉄道では「ビジネス車両」になります。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント