ドクターイエロー車内見学も 山陽新幹線・博多総合車両所、3月公開

例年は10月に開催される山陽新幹線・博多総合車両所の一般公開イベントが、今年は3月に実施されます。「ドクターイエロー」車内見学も実施される予定です。

N700系・700系の運転台見学も

 JR西日本福岡支社は2016年1月22日(金)、山陽新幹線の博多総合車両所(福岡県那珂川町)で一般公開イベント「新幹線ふれあいデー」を3月13日(日)に開催すると発表しました。

160122 923 01
博多総合車両所の一般公開で展示された「ドクターイエロー」。今年は車内見学も行われる(2009年10月、恵 知仁撮影)。

 博多総合車両所は車両の大規模検査も可能な、山陽新幹線で唯一の総合的な車両基地。博多南線の博多南駅から徒歩15分の場所にあり、当日はこのイベント用に無料シャトルバスが運行されます

 イベントは10時から16時まで実施。いつ、どこで走るのか公表されていないため「目撃すると幸せになれる」ともいわれる923形新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」の車内見学や、N700系と700系の運転台見学も行われます。ただ、この「ドクターイエロー」車内と運転台の見学は、郵便ハガキによる事前申し込みを予定しているとのこと。

 このほか当日は、山陽新幹線の公式キャラクター「カンセンジャー」ショーなど子供連れで楽しめるイベントが用意され、また新幹線の安全を支える技術の紹介コーナーや、初の企画として山陽新幹線の沿線自治体によるPRスペースも設けられます。

 JR西日本福岡支社では「今年度は、『山陽新幹線 全線開業40周年キャンペーン』のご愛顧に感謝し、3月に開催させていただくこととなりました。この機会にぜひ博多総合車両所へお越し下さい」としています。

 山陽新幹線は、1975(昭和50)年3月10日に新大阪~博多間の全線が開業。博多総合車両所の一般公開は近年、10月に行われてきました。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント