駅ナカ売店でネット通販商品の受取り可能に 京急とセブン&アイ

京急の駅ナカにあるセブン-イレブンで、セブン&アイのネットショッピング商品が受け取れるように。キャンペーンも実施されます。

特に利便性の高いナカでの受取り

 京急ステーションコマースは2016年2月29日(月)、駅ナカのセブン-イレブンでインターネット商品の受取りサービスを3月1日(火)から開始すると発表しました。

 同社はセブン-イレブン・ジャパンと提携し、京急線で駅ナカ売店「セブン-イレブン京急ST」を展開。そこでセブン&アイグループのインターネットショッピングサイト「オムニ7」の商品受取りを行えるようにするものです。注文は「オムニ7」のウェブサイトから行い、受け取りたい店舗(19駅の21店舗が対象)を指定。送料や手数料は基本的に無料で、代金はセブン-イレブンのレジで支払うこともできます。

京急線の駅ナカにあるセブン-イレブンのうち21店舗で受取りが可能(画像出典:京急電鉄)。

 京急ステーションコマースによると、商品を自宅だけでなく店舗などで受け取りたいというニーズが高まっていることから、利用者にとって特に便利な高い駅ナカで受取りサービスを開始したとのこと。また京急グループとして、「インターネットショッピングの本格的な普及を背景に、駅でのお受け取りサービスを本格的に展開することで、沿線のお客さまの生活利便性、および沿線価値の向上を図ってまいります」としています。

 なお、これに伴い3月1日(火)から、先着1050人(各店舗50人)に「コカ・コーラ」(500ml)がプレゼントされるキャンペーンも実施されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント