世界2位の戦闘機、英「タイフーン」来日か 「二番目」に強いその理由

「世界No.2」を自称、その根拠は?

「タイフーン」が「世界で二番目に強い」と自称した、その根拠は何でしょうか。

 まずは抜群の機動性です。滑走路上での静止状態から高度1万メートルへ上昇し、マッハ1.5に達するまでの所要時間はわずか150秒。さらに、高度9000mでのマッハ0.9からマッハ1.5までの加速所要時間はF-35の3分の2であり、マッハ1.5での旋回性能(維持旋回率)はF-35の2倍にも達します。

 これは航空自衛隊に所属する全ての戦闘機を上回り、そしてBAEシステムズ社も認める「世界で一番強い」ロッキード・マーチン社のF-22「ラプター」に次ぐ能力を誇ります。

 現代戦闘機にとって機動性よりさらに重要な、レーダーなど「戦闘システム」の能力も非常に優れており、特に相手へ電波妨害を仕掛ける「電子戦」についてはトップクラスの充実ぶりが特徴です。

Large 160325 typhoon 02
「タイフーン」の曳航式デコイ。囮の役割を果たす(画像出典:BAEシステムズ)。

「タイフーン」の各種電子戦装置において特に面白いものが、右主翼端に格納された「曳航式デコイ」です。これはおよそ100mの有線で繋がったデコイ(囮)を空中で放出するもので、放出されたデコイは敵の戦闘システムに侵入。実際は存在しない飛行機を敵のレーダー上へ大量に発生させ撹乱したり、電子的に「タイフーン」を真似し、接近するミサイルを引き寄せるなどの役割を担います。こうした高度なシステムは全自動で動いており、パイロットは「タイフーン」の高い機動性を発揮し、敵を攻撃することに集中できます。

 また攻撃手段においても、「ミーティア」と呼ばれる新型の空対空ミサイルを搭載。「ミーティア」はF-35やF-22で使用されるAIM-120C「アムラーム」の最大5倍ともいわれるノーエスケープゾーン、すなわちほぼ命中を見込める射程を持ち、200km先の敵機を攻撃できるともされます。さらに短射程ミサイル「アスラーム」は、敵機とすれ違いざまに射撃しても背後に回りこんで命中する、という高い誘導性能を持ちます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

14件のコメント

  1. イギリスとはかって、日英同盟を結んでいた友好国ですね。
    日露戦争時、バルチック艦隊のウラジオストクへの航海に常にプレッシャーを与え続けて、日本海海戦の勝利の一役を担っています。
    世界で最初に日本との対等な友好国関係を築いた尊敬すべき国ですね。

  2. 自分は最後までF-35よりタイフーンを導入すべきと考えてた。技術的メリットも多く、価格も高すぎず、ヨーロッパとの関係深化になるし。
    なにより、カナード翼とデルタ翼の組み合わせがカッコイイwww

    なんとなく震電っぽい

  3. タイフーンが世界で二番目に強い戦闘機なんてメーカーだけが言ってるプロパガンダでまともに信じてはだめだ
    いまどきステルス性がLO程度で(F-22やF-35はVLO)AESAレーダーも将来装備で現時点では装備されてない
    また回り込んで命中する短射程ミサイルは現在の戦闘機では標準的になりつつあり日本のF-15J改善型でもAAM-5とJHMCSで実現している アメリカ系の機体はサイドワインダーXとJHMCSで同じく実現していしロシア系の機体も実現している

    日本のF-2はステルス性は同じくLO程度でAESAレーダーを装備してミーティアと同等の射程をもつAAM-4を装備できる(AAM-4搭載改修機のみ)
    ロシアのSu-35はステルス性はまったくないが新型のイールビス-Eレーダーを装備してF-35波のRCSを持つ機体を90kmの距離で探知できる
    無論 F-22にはかなわないし ステルス性のあるF-35にも機動性で勝ってもBVRで勝ち目がないのだから勝敗は確定している 同じヨーロッパ生まれのラファールも強力だ
    せいぜい上位10位には入れる程度の戦闘機

  4. 明治21年11月30日に対等で平等な修好通商条約を締結したメキシコにも感謝です。

  5. 日本はアメリカの属国だから結局アメリカ製を買うしかないんですよ。

  6. ほんとうは世界8位くらいやで

  7. 自衛隊がF35をやめてタイフーンを導入した方が良かったという意見がありますが、そのイギリスがF35を導入するのです、タイフーンが世界で二番目に強いというならF35を導入する必要はないのでしょうか?。

  8. ステルスなんざ、見つかったら普通の戦闘機より基本劣るんだから、ステルスは忍者部隊程度の少数で編成、本体としてユーロファイターに様な空戦能力の高い戦闘機を多数編成すべきだろう。値段も安いからパイロット育成しやすくなる。
    F35だけで次期国防を担う必要はないし、コストパフォーマンスと言う概念も自衛隊は持つべきだ。

  9. システムに侵入って
    外部から発動するように相手に初めから仕込んでいなければ
    独立したプログラムにどうやって侵入するんだろう
    擬似的なレーダー反射波を送り返すのではないの?(´・ω・`)
    誰か詳しい人いない?

  10. 目視外戦闘が主流の今時は、ステルス機であるF-35の方がタイフーンより有利。
    世界第二位の戦闘機は、現状ではF-35だと思う。
    其の内、ロシアのPAK-FAプロジェクトのT-50が実戦配備されるとT-50が世界第二位になると思うけど。

    • ↑ AWCS等の後方支援を考えなかった場合。

    • ステルスは失敗作。

      イラクの偵察機F-117が、
      ステルスだった。

      イラクが相手だと、
      爆撃機として楽々大成功した。

      しかし、
      敵国の
      電子兵装が進歩し過ぎて、
      見つかる恐れがある。

      やはり、
      エンジン性能も、
      重要だったのでは?

  11. イギリスから、購入するべきだった。

    F-35は、
    ライセンス生産不可。

    古い機体でも、
    自主生産の有無が最重要。

  12. イギリスがF-35購入

    →馬鹿な選択

    イギリスが賢ければ、
    アメリカに兵器開発させない。

    英連邦内で、
    主権が乱立する必要はない。

    それに、
    イギリス製兵器は、
    性能が高い。

    英米で、
    別々の兵器を製造しているのは、
    狂気に他ならない。