阪神の新「ジェットカー」が最優秀車両に ブルーリボン賞、ローレル賞

阪神電鉄の5700系電車が、2015年にデビューした鉄道車両のなかで「最優秀」であるとして、「鉄道友の会」から「ブルーリボン賞」が贈られました。また、「優秀車両」の「ローレル賞」には、JR東日本のHB-E210系ディーゼルカーと四日市あすなろう鉄道の新260系電車が選ばれました。

阪神電鉄では初の「ブルーリボン賞」

「鉄道友の会」は2016年5月24日(火)、阪神電鉄の5700系電車を2016年の「ブルーリボン賞」に、JR東日本のHB-E210系ディーゼルカーと四日市あすなろう鉄道の新260系電車を「ローレル賞」(優秀車両)にそれぞれ選定したと発表しました。

「ブルーリボン賞」「ローレル賞」は、「鉄道友の会」が毎年1回、前年に日本国内で営業運転を始めた鉄道車両のなかから選定するもので、同会会員の投票結果をもとに、選考委員会が利便性や快適性、環境対応、新技術の有効活用といった観点から車両を評価。「最優秀」と認められた車両には「ブルーリボン賞」が、「優秀」と認められた車両には「ローレル賞」が贈られます。

160524 blueribbon 01
2016年の「ブルーリボン賞」を受賞した阪神電鉄の5700系電車(写真出典:鉄道友の会)。

「ブルーリボン賞」が贈られた阪神電鉄の5700系電車は、主に普通列車として使用されている車両で「ジェット・シルバー5700」という愛称が付けられています。同社の普通列車用の車両は、特急や急行列車に追い付かれにくいように、すべての車両にモーターを付けるなどして加速と減速がはやくできるように造られており、「ジェットカー」とも呼ばれています。

 5700系はこの「ジェットカー」の特徴を踏襲しつつ最新技術を導入。「人へのやさしさ」と「地球へのやさしさ」の追求をコンセプトに、普通列車用の車両に特化した性能としていることが選定の理由とされました。

 ちなみに、阪神電鉄の車両が「ブルーリボン賞」を受賞するのは、今回が初めてです。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 東北仙石ラインではなく、仙石東北ラインですよ!
    念のため