クルマ選び、今後は「性格」が決め手に? 「自動運転」の鍵、開発本格化

自動車メーカー各社が、「人工知能(AI)」の開発を相次いで本格化させています。将来、「性格」が“クルマ選びのカギ”になるかもしれません。

実用化が待たれる「ライダー」

 いま、自動車メーカー各社は「人工知能(AI)」の開発に熱心です。

 トヨタは2016年6月、アメリカ・ミシガン州に3カ所目となる人工知能技術の研究、開発拠点を設置。ホンダも、東京・赤坂に知能化技術の研究開発を行う新拠点を2016年9月に設立すると発表しています。

 自動車メーカーが人工知能の研究に力を入れるのは、「自動運転」の実現のため。人工知能は、自動運転を実現させるため必要なピースの“最後のひとつ”だからです。

 なぜ「人工知能(AI)」が“自動運転の最後のピース”といえるのか、それは、「自動運転」に必要な技術を知れば理解できるでしょう。

 まず、自動運転には「ハンドルを自動で動かす」「ブレーキを自動で作動させる」ことが求められます。これらはつまり、クルマを「動かす」技術です。停車中にブレーキ状態を維持するため、パーキングブレーキも電動化が必須。これらの技術はすでに実用化されています。

 次に「周囲を監視する」、すなわち「見る」技術も必要です。監視の目となるのは各種のセンサーで、遠い距離は「ミリ波レーダー」、もう少し近い距離は「赤外線レーダー」、そしてクルマのすぐ近くは「超音波ソナー」といったものがあります。また、「物体がクルマなのか人なのか」などを識別するカメラも、なくてはならない存在です。

 これらの技術もすでに実用化されていますが、「見る」ための技術にはもうひとつ、実用化が待たれるものがあります。それは「レーザースキャナー」で、メーカーによっては「ライダー」と呼ばれているもの。これはクルマのすぐ近く、しかも周囲360度にわたって存在する物体を、より詳しく識別するための技術です。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. LinuxとかAndroidの進化を見てると、AIの部分が一番共有されそうな気がするけど。

    自動運転の性格、と言うより規範も、安全最優先なのは当然として、燃費重視とか到着時間重視とかいくつかのパターンから選べるようになると思うけど。

  2. 自動運転が普及したら、車 買う人なんて居るのだろうか?
    タクシー呼べば良いと思ったら、維持費払ってまで車なんか
    持たないだろう。トータルコストなら必要なときにタクシー
    呼んだ方が安いから。自動運転=自動車会社の淘汰になりそうな
    帰臥するよ。

  3. レーダーによる自動運転って、自動運転車両が多数になってきた場合うまく機能するんでしょうか?
    前方車間距離だけ見ればいいならなんとかなるんでしょうけど。