まるで冒険の始まり? 『ドラクエ』オープニング曲で電車出発 東急渋谷駅

今年で30周年を迎えたゲームソフト『ドラゴンクエスト』シリーズ。その「冒険の旅」が始まるときの曲で、東急東横線の電車が横浜方面へ旅立ちます。

「冒険の始まり」に流れる定番曲が、電車の出発時に

 2016年7月5日(火)、東急東横線の渋谷駅で、列車の発車が「冒険の始まり」のようになりました。

 いまからちょうど30年前の1986(昭和61)年、ファミリーコンピュータ版の『I』が発売され始まったロールプレーイングゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズ。“スイッチ”を入れたとき、画面へ浮かぶそのロゴマークとともに流れ出す『序曲』が、同日から東横線渋谷駅の発車メロディーに採用されたのです。

 東横線渋谷駅の3、4、5番線から横浜方面行き列車が発車するとき、この『ドラクエ』を象徴する曲のひとつ『序曲』が“旅立ちの合図”として流されます。なお、『ドラクエ』シリーズの音楽すべてを手がけるすぎやまこういちさんが、この発車メロディーも監修。東急電鉄によると、乗降客の感覚や列車の運行管理に影響が出ることのないよう、普段使用している発車メロディーと同じ秒数にしているそうです。

160705 tokyushibuya 01
1編成だけある写真の黄色い「Shibuya Hikarie号」では、その編成限定で『ドラクエ』主人公「10連スペシャルデザイン」の中吊りを掲出(2016年7月5日、恵 知仁撮影)。

 この「ドラクエ発メロ」は、その30周年イベント「ドラゴンクエストミュージアム」が「渋谷ヒカリエ」で開催されるのを記念し、行われるもの。東急電鉄は、これによって駅への親しみをより感じてもらうこと、そして今後、渋谷駅の周辺開発が本格化するのにあわせて、同社が掲げている「エンタテイメントシティSHIBUYA」をいっそう推進していくねらいがあるといいます。また、ほかの駅での「ドラクエ発メロ」導入も検討する予定とのこと。

 東横線渋谷駅の「ドラクエ発メロ」は9月12日(月)終電までの期間限定で使用され、「渋谷ヒカリエ」の「ドラゴンクエストミュージアム」は7月24日(日)から9月11日(日)まで開催されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. スクエニ本社がある東新宿はどうだろうか