子どもはスタンプ帳で、親はスマホで 東急が親子向けスタンプラリー開催

東急電鉄が夏休み期間にスタンプラリーを開催。スタンプ帳を用いた子ども向けと、スマートフォンを用いた保護者向けのスタンプラリーを同時に実施中です。

スタンプ集めると「オリジナル電車硬券」プレゼント

 東急電鉄が2016年7月16日(土)から「親子でめぐろう!東急線電車スタンプラリー2016」を開催しています。「親」と「子」でそれぞれ別のスタンプラリーに挑戦できるのが特徴です。

 子どもを対象とした「オリジナルスタンプラリー」は、紙のスタンプ帳にスタンプを押して回る従来のタイプ。8月7日(日)までの「1stステージ」と、翌8月8日(月)から31日(水)までの「2ndステージ」に期間が分けられており、プレゼントされる「オリジナル電車硬券」のデザインがステージによって変わります。

 スタンプは東急線19と「二子玉川ライズS.C.」(東京都世田谷区)の計20か所に設置。スタンプ設置駅でスタンプ帳を受け取り、全部で10グループに分けられた駅スタンプをグループごとに集めると、「オリジナル電車硬券」1枚が進呈されます。全20個のスタンプを集めると、「二子玉川ライズS.C.」で達成記念品として「オリジナル電車硬券」を飾ることができる記念台紙がプレゼントされるほか、9月開催の「1日駅長体験イベント」もしくは「電車運転教室」に応募できる専用はがきが渡されます。

プレゼントされる「オリジナル電車硬券」のイメージ(画像出典:東急電鉄)。

 また「電車とバスの博物館」(川崎市宮前区)にも“ボーナス”のスタンプが設置されており、ここでスタンプを押すと箔押し加工を施した「オリジナルキラカード」がその場で進呈されます。

 保護者向けにはスマートフォンを用いた「モバイルスタンプラリー」を実施。「オリジナルスタンプラリー」と同じ19駅を巡り「電子スタンプ」を集めるという企画です。昔の東急電車や風景などを振り返るアーカイブ画像が取得できるほか、3駅以上の電子スタンプを集めると東急線沿線などの飲店で使えるクーポンも配信されます。「モバイルスタンプラリー」の期間は、「オリジナルスタンプラリー」と同じく8月31日(水)までです。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント