自動運転、普及のカギは販売現場に 試金石になる新型「セレナ」

まだ発展途上の技術であるクルマの自動運転。今後、それが順調に普及するかいなか、2016年夏にデビューする日産の新型「セレナ」が、その将来を大きく左右することになるかもしれません。ポイントは「セレナ」という車種と、「ディーラー」です。

インターネット登場時のように「世界が変わる」可能性

 2016年夏にデビューする日産の新型「セレナ」には、「プロパイロット」という機能が備わっています。ステアリングとアクセル、ブレーキをシステムが操作し、設定された車線内をキープして巡航、もしくは先行車に追従するというものです。ドライバーはステアリングを握っていなければなりませんが、システムがその操作をアシストするので、非常に楽に走ることができます。特に高速道路のノロノロ渋滞で威力を発揮することでしょう。

 この「プロパイロット」は発展途上である自動運転技術のひとつですが、これを搭載する新型「セレナ」は、日産のみならず自動車業界全体にとって今後、自動運転が成功するか否かのカギを握る存在になるかもしれません。ポイントは、「セレナ」という車種、そして「ディーラー」です。

160730 serena 01
日産の自動運転技術「プロパイロット」を搭載する5代目「セレナ」(写真出典:日産自動車)。

「自動運転」と聞けば、「機械が自動で目的地まで運転してくれるもの。運転手はなにもしなくていい」と思う人もいるのではないでしょうか。もちろん自動車メーカーも、そうした理想を目指して開発は行っています。しかし、ドライバーがなにもしなくていい完璧な自動運転技術の実現はとてつもなく困難であり、最初の一歩が踏み出されたばかりというのが現状です。

 一方で、自動運転という夢は非常に魅力的です。運転が楽になるという程度ではなく、「移動」という概念が大きく変化する可能性があります。まるでインターネットが初めて世に出たときのように世界が変わるかもしれないのです。そんな魅力的な技術の一端が、未熟とはいえ実用化されたのです。期待が高まるのも理解できます。

この記事の写真一覧

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. >スバルは、販売の現場で、実際に使用するユーザーにシステムの内容をしっかり説明するよう徹底したというのです。一般の人は勘違いしていたかもしれませんが、スバルのユーザーは理解していたのです。それが勘違いによる事故を防いだ理由でしょう。

    ということは、いわば「第1世代」の車が中古車市場に流れ始めた場合には、ユーザー教育の必要を知らない中古車販売店が幻想をもったユーザーに「自動運転車」を売るということになる。
    もっとも、コンピューターを機械仕掛けの与太郎と考える者どもにとっては「もらい事故のリスク削減をどうするか」という昔からある危機管理の問題に集約されるのでどうでもよいことではある。

  2. 自動ブレーキは確実に事故を低減しましたが、自動運転は確実に事故を増やすでしょう。