座席を外して生ビール、車内放送で乾杯 「ヱビスビール特急」走る 西武

西武鉄道が「ヱビスビール特急 2016」を運転。座席を取り外してビールのサーバーが設置され、「ヱビスガール」による「乾杯」ののち、“行先不明”の列車内で参加者たちがうたげを楽しみました。

あのを通過するという珍しい経験も

 西武鉄道が2016年9月14日(水)、車内の座席を撤去し、代わりに生ビールサーバーを設置した「ヱビスビール特急 2016」を運行。およそ250人の乗客が、流れゆく車窓と特製弁当をおつまみに、飲み放題の生ビールを楽しみました。

座席を取り外して設置された生ビールサーバー。西武線仕様のものも(2016年9月、恵 知仁撮影)。

「ヱビスビール特急 2016」は、仕事終わりに参加しやすい19時44分、西武新宿駅を発車。ほどなく、すべての定期営業列車が停車する高田馬場駅を通過するという貴重な体験をしたのち、「西武プリンスドーム」でビールの販売に活躍している「エビスガール」が車内放送で音頭を取って、「乾杯」です。

 ルートは“当日のお楽しみ”とされていたこの「ヱビスビール特急 2016」は、1時間ほどで西武球場前駅(埼玉県所沢市)へ到着。野球輸送に備え広いホームを持つ同駅で1時間弱停車するあいだ、「BAR Red Arrow」が“開店”し注ぎたての生ビールを飲むことができたほか、臨時売店でカップラーメンなどの販売も行われました。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント