運転経路を当日に突如変更 豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」に何が?

大阪~札幌間の豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」の運転経路が突如、当日になって変更されました。はたして何があったのでしょうか。実際にその運転経路が変更された「トワイライト」に乗車してきました。

湖西経由が湖東経由に

 大阪駅と札幌駅を結ぶ豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」。2014年10月27日(月)に運転された大阪発札幌行きの同列車で、その運行経路が当日に突如、変更されました。


 この列車は通常、以下のルートで運転されます。


大阪《東海道本線》山科《湖西線》近江塩津《北陸本線》直江津《信越本線》新津《羽越本線》秋田《奥羽本線》青森《津軽線》中小国《海峡線》木古内《江差線》五稜郭《函館本線》長万部《室蘭本線》沼ノ端《千歳線》白石《函館本線》札幌


 しかし10月27日の札幌行き「トワイライトエクスプレス」は、次のルートで運転されました。


大阪《東海道本線》米原《北陸本線》近江塩津(以後同一)

20141102 twilight1
寝台特急「トワイライトエクスプレス」は通常、京阪神と北陸を結ぶ最短ルートである湖西線経由で運転される。

 つまり京都駅の隣にある山科駅から、琵琶湖の西岸を行く湖西線ではなく、米原駅を経由し琵琶湖の東岸を迂回する形で北陸へ向かったのです。


 突然行われた「トワイライト」のルート変更。湖西線で何か事故でもあったのだろうか、と思うかもしれませんが、実はそう珍しいことではなかったりします。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 久しく列車での旅をしていない。
    現状では中々そんな余裕はないが、又、列車での旅がしたいですね。