「四国まんなか」を走る観光列車、内装は四季やいろりをイメージ JR四国

2号車には「いろりの団欒」イメージした長さ7mのベンチソファ

 2号車は夏と冬がテーマの「夏清(なつすがし)・冬清(ふゆすがし)の章」。「清(すがし)」を表す川や風の流れのイメージが、曲線のテーブルやカウンターレイアウト、白と青の配色で表現されています。

Large 160926 jrsmannaka 03
2号車「夏清(なつすがし)・冬清(ふゆすがし)の章」の内装イメージ(画像出典:JR四国)。

 床のフローリングは徳島県の伝統工芸品である藍染めの色がモチーフに。長さ7m、11席ベンチソファはいろりを囲む団欒(だんらん)の風景をイメージしているといいます。また、2号車には多目的用トイレや、食事、飲み物を準備するダイニングカウンターも設けられます。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント