「銀のつばさ」10月ラストラン 消える山形新幹線開業時からの「シルバー」

1992年の開業当時から続く、山形新幹線用車両におけるシルバー基調の外装デザインが、新塗色への変更でまもなく見納めに。そのラストランを記念し2016年10月、特別なルートを行く旅行商品も発売されます。

「新幹線」といえば「白」だった時代に

 JR東日本仙台支社は2016年10月5日(水)、シルバーに塗られた山形新幹線「つばさ」用の電車が、10月29日(土)でラストランを迎えると発表しました。山形新幹線が1992(平成4)年に開業して以来、四半世紀近くにわたってその車両で使われてきた「シルバーの塗色」が、まもなく見納めになります。

161006 tsubasa 01
シルバーの山形新幹線用E3系電車2000番台。山形新幹線は、東京~福島間は東北新幹線を、福島~新庄間は在来線の奥羽本線を走る(2011年11月、恵 知仁撮影)。

 山形新幹線が開業した当時、新幹線の旅客車両はすべて白系の色を基調にしていたなか、山形新幹線の初代車両400系はシルバーで登場。新幹線から在来線へ直通する「ミニ新幹線」という山形新幹線が初の運転方法とともに、「新幹線」へ新しいイメージを与えました。

 しかしそれから20年以上が過ぎた2014年より、現在の山形新幹線「つばさ」用車両E3系では、外装デザインの変更がスタート。長年続いたシルバー基調のものから、山形県の鳥である「おしどり」をイメージした白や紫を用いたものへリニューアルが進んでおり、これにともない2016年10月、“銀の「つばさ」”は最後の運転を迎えます。

 なお、山形新幹線「つばさ」用の電車では、1999(平成11)年に新たな外装デザイン(現在のもの)が登場し、既存の車両も順次、その新デザインへ変更されましたが、「シルバーが基調」という点は開業当初のものも、このときに登場したものも変わりませんでした。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. マイトガインの主題歌が歴史の彼方になってしまうな。
    銀のつばさにのぞみをのせて♪

  2. V字運転ですか、山形・福島・仙台は良いですね。
    じゃ秋田新幹線が函館北斗に行くとしたら「ダブルV字運転」ですかね、秋田発→大曲で一回目のV字運転→盛岡で東北新幹線に入り、北海道に行く。という仮想である、この時こまち号ははやぶさと連結しない。
    なぜなら函館北斗駅は、十両編成のホームでこまち七両とはやぶさ十両だと全部入りきらない。
    蛇足だが、現在のJR秋田支社長は函館出身とか、リゾート列車を企画して走らせるというのいかがかな

  3. とうとう最後か残念
    銀色に輝くシンプルなデザインで小さくて丸っこくて可愛い、それでいて一人前に240キロ出しちゃう400系が好きでしたが・・・

  4. そのうち復活してほしい。銀のE6とか。