老舗の立ち食い「高速そば」 特に「速い」わけじゃない? その名の意味は

何かが「速い」のか、その名も「高速そば」という立ち食いそば店が存在します。高速道路のSAやPAで営業している店舗でもありません。いったいなぜ、そのような名前になったのでしょうか。背景には、もっともな理由が見えてきました。

「高遠そば」ではなく「高速そば」

「高速そば」という立ち食いそば店があります。

161003 kosoku 01
存在感を発揮する「高速そば」の文字(2012年4月、恵 知仁撮影)。

 名前からすると、高速道路のSAやPAにあるのでしょうか。あるいは、注文したら手際よく秒速でそばが提供されるのでしょうか。はたまた、丼が高速で運ばれる回転ずしのような設備が導入されているのでしょうか。まさか、信州のそば処として知られる長野県伊那市の「高遠(たかとう)」に店名をあえて似せたのかも……。

 提供されるメニューも、一般的な駅の立ち食いそば店と大きな違いは存在せず、量が少なすぎて高速で食べ終えてしまう、というわけでもなさそうです。

 この「高速そば」、兵庫県神戸市のとある鉄道駅にあります。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 10年前にここで食べてたら、隣の奴がクシャミをしてカウンター内の食材に口の内容物をぶちかましましたw
    店員がどうするかを見てたら、なにごともなかったように食材をつかってましたw
    カウンターに壁のない立ち食いには、それ以来いけませんw

  2. 施設がってあるけど路線も神戸電鉄なのは湊川までで新開地は神戸高速鉄道南北線なはず。高速そばは正直まずい。新開地駅ならみたらし団子がうまい

    • 個人の感想です

  3. ここに限らず、なんで「○△うどん」ではないのだろうか?
    関西の方は滅多に蕎麦は食べんのでしょう?
    「阪急うどん」、「阪神うどん」、「南海うどん」・・・こっちの方がしっくり行くのでは?