JR西日本の豪華列車「瑞風」、クルーズトレイン最高&最低額に ならではの特徴も

JR西日本が、2017年から運行する豪華クルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」について、旅行代金や運行開始日を発表。JR他社のクルーズトレインより「高額で低額」な列車になっているほか、この列車ならではの特徴が与えられています。

最高は2名1室2泊3日、250万円

 JR西日本が2016年11月29日(火)、来年からの運行を予定している豪華クルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」について、その行代金や運行開始日などを明らかにしました。

「瑞風」のデビューは2017年6月17日(土)。申込みの受付は2016年12月5日(月)午前10時以降、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風 ツアーデスク」などで行われます。

10両編成、30人程度の定員を予定している「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」用の87系気動車(2016年8月、伊原 薫撮影)。

 旅行代金が最も高いのは、5種類設定されている「瑞風」のコースのうち運行距離や時間が最も長い、京都・大阪から2泊3日で山陰・山陽を一周し京都駅へ戻る「山陽・山陰コース(周遊)」の、3クラス中で最上級の客室「ザ・スイート」利用の場合で、120万円(2名1室利用における1名分代金、第1期9月出発分は季節料金で125万円)。同列車の標準的な客室である「ロイヤルツイン」では、50万円です(2名1室利用における1名分代金、第1期9月出発分は季節料金で55万円)。

この記事の写真一覧

  • 161129_mizukaze_03
  • 161129_mizukaze_02
  • 161129_mizukaze_01
1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. >>「旅の一部にクルーズトレインを組み込む」といったことがしやすくなっています。
    ならねーよwww
    貧民はサンライズで我慢します。

  2. 海外の成金と退職金と年金が(その下の世代と比べて)がっぽり貰える日本の団塊世代を対象にしているんだろうけど、日本の団塊世代よりも下の世代はとてもじゃないけど乗れる程の金銭的な余裕は定年退職後も無いのは目に見えているし、高所得者層は「国内でそれだけの金を使うのなら海外に行くか国内の長期滞在型のホテルに泊まってゆっくりする方がいい」となるだろうし、頻繁に発生している大規模自然災害の影響も考慮すると、10年どころか5年もつかどうかってとこかなと思う。