iPhoneひとつで航空機整備を 「業界標準」目指しアプリ開発 JAL

航空機整備業務に特化したアプリを、JALとIBMが共同で開発。「業界標準」を目指してつくられたといい、今後、他社にも広がるかもしれません。

オフィスの事務作業を現場で

 JAL(日本航空)と日本アイ・ビー・エム(IBM)は2016年12月14日(水)、共同で開発した航空機整備業務に特化した「IBM MobileFirst for iOS」アプリの概要を、羽田空港内にあるJALの整備施設で発表しました。2017年4月からの導入が予定されています。

 このアプリはiPhoneやiPadで利用可能。実際にアプリ開発をしたJALエンジニアリングの西山さんによると、整備士が行うフライトスケジュールや過去の整備記録の確認、自分が整備した内容の記録といった事務作業のほとんどを、iPhoneひとつで済ませられるようになるといいます。

161214 jalseibiapp 01
アプリ画面には、フライト情報や燃料の残量など、整備の対象となる機体のさまざまな情報が一元的に表示される(2016年12月14日、中島洋平撮影)。

「これまで整備履歴やフライト情報などは、それぞれのシステムにサインインして確認する必要がありました。しかもそれは、オフィスに戻ってからでないとできません。しかしこのアプリを使えば、1回のサインインでほとんどの情報を現場で確認できます」(JALエンジニアリング、西山さん)

 事務作業の効率化だけでなく、画像や映像を用いて離れた担当者間と共有できるなど、整備の“質”も向上するといいます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント