特急「大雪」旭川~網走間に 「ライラック」復活や10駅廃止も JR北海道2017年3月ダイヤ改正

JR北海道が2017年3月4日にダイヤを改正。札幌~稚内・網走間の特急体系が変わるほか、極端に利用の少ない10駅が廃止されます。

札幌~稚内・網走間の特急体系を見直し

 2016年12月16日(金)、JR北海道が2017年3月4日(土)に実施するダイヤ改正の概要を発表しました。

 札幌~稚内間の特急「スーパー宗谷」2往復は、列車名が「宗谷」に変わり1往復に。同区間の特急「サロベツ」1往復は、区間が旭川~稚内間に短縮され、2往復になります。この「サロベツ」は旭川駅で札幌駅発着の特急に接続します。使用車両は「宗谷」「サロベツ」とも、現在の「スーパー宗谷」と同じキハ261系ディーゼルカー(4両編成)です。

 札幌~網走間の特急「オホーツク」は、現行4往復が2往復に減り、代わりに特急「大雪」2往復が旭川~網走間に登場。「大雪」も旭川駅で札幌駅発着の特急と接続します。使用車両は「オホーツク」「大雪」ともキハ183系ディーゼルカーです。

 稚内、網走方面の特急体系の見直しは、JR北海道によると特急用車両の老朽化、劣化が進行しており、使用できる車両が減っているため。「使用可能な車両の範囲内でダイヤ編成を行うため、一部列車の運転区間を見直します」としています。

 なお、ダイヤ改正以降、札幌~旭川間の特急列車と、旭川~稚内・網走間の特急列車を旭川駅で改札を出ずに乗り継ぐ場合、通しの料金・条件で利用できるよう制度が変更されます。

161216 jrhdia 01
特急「スーパー北斗」とともに、札幌~函館間を走る特急「北斗」(2009年10月、恵 知仁撮影)。

 札幌~函館間の特急には、キハ261系ディーゼルカーを新製投入。キハ183系ディーゼルカーの「北斗6号」「同19号」が「スーパー北斗6号」「同19号」にそれぞれ変わり、所要時間が11~13分短縮されます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 俺は鉄オタだけど、JRを何が何でも救済しろとは言わない
    自治体や地元民が、救済の必要は無いと思ってるならそれでいい
    必要のないものは消えるまま、それが地元の選択なら尊重する

    高速道路は着実に整備され、その損失を埋めるだけの救済措置も無い
    これは、自治体がJRの首を絞めている、引導を渡している、と同じこと
    にも関わらず路線廃止の話が出たら急に地元が慌てだすのはおかしい

    JR北海道は我慢しない方が良いんだと思う
    だから維持できない区間はどんどん廃止したほうがいいよ

  2. ライラックにグリーン車とのことだが、誰か使うのかね?

  3. まさかライラック号の列車名が2007年以来また復活するなんてちょっとおかしいなぁと思いました。本当はいしかり号になってもかまわないと思っていました。でも同じ区間の特急カムイ号の系統はuシートの座席があるのにライラック号にグリーン車は、必要ない気がします。最初は塗装も変わると思っていましたが、変更しないままで走るのはなんかおかしいと思いました。出入り口も中間車が片側2ドアになって欲しかった気がしました。同じ789系電車にも関わらず塗装の違う車両が札幌~旭川間で走るのはなんか違和感を覚えてしまいそうです。これで札幌から旭川駅まで特急列車に乗ろうとするとややこしくなりそうです。またお乗り間違いになりやすいかもしれないから止まる駅もしっかり案内してほしいです。