均一制廃止 阪神高速は近距離値下げ 近畿圏の高速料金、整理・統一へ

国土交通省が近畿圏の新たな高速道路料金案を発表。阪神高速や均一区間の通行料金が、整理・統一されるほか、管理主体の移管により無料開放される区間もあります。

車種区分も統一

 国土交通省は2016年12月16日(金)、近畿圏の新たな高速道路料金案を発表しました。

 阪神高速や均一制の近畿道・阪和道(吹田JCT~松原JCT~岸和田和泉IC)、西名阪道(天理IC~松原JCT)などの通行料金を、1kmあたり36.6円(普通車)の距離制に整理、統一するというもの。阪神高速では、現在の510~930円(普通車)が300~1300円(同)になります。

161219 kinkikosokuryokin 01
路線によってことなる近畿圏の料金水準が整理、統一される(画像出典:国土交通省)。

 車種も、阪神高速の「普通車」と「大型車」の現行2区分を、NEXCO西日本の「軽自動車等」「普通車」「中型車」「大型車」「特大車」の5区分と統一します。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント