圏央道の茨城県区間、2017年2月に全線開通 関東各地~成田のアクセス向上

圏央道の茨城県区間28.5kmが2017年2月に開通。東名高速から東関東道までがつながります。

東北道~常磐道間が全線開通

 国土交通省とNEXCO東日本は2016年12月20日(火)、圏央道の境古河IC~つくば中央IC間28.5kmが、2017年2月26日(日)に開通すると発表しました。

 暫定2車線(片側1車線)で、途中には坂東IC(茨城県坂東市)と常総IC(同・常総市)が設置されます。

161220 kenodo 01
圏央道の境古河IC~つくば中央IC間が2017年2月26日に開通する(画像出典:国土交通省)。

 開通により圏央道は、放射状に伸びる東名高速、中央道、関越道、東北道、常磐道、東関東道の6路線と接続。成田空港から関東各地へのアクセスが向上します。国土交通省とNEXCO東日本によると、成田空港に直結している新空港IC(千葉県成田市)から、秩父地方の玄関口にあたる関越道の花園IC(埼玉県深谷市)までの所要時間は、現在の都心経由より20分短い115分になることから、今回開通する圏央道にルートを変更しようと検討している高速バス会社もあるとしています。

 新空港ICまでの通行料金(普通車)は、関越道の川越ICから4390円、花園ICから4990円、東北道の久喜ICから3340円です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 長野中央タクシーの空港便もこっちをはしるのかな?

  2. これで北関東方面のリムジンバスの多くが首都高から圏央道経由になるのは間違いない。
    だが、久喜白岡JCT~大栄JCTは確実に4車線化した方が良い様に思える。
    何故なら、ただでさえ交通量が多いのにリムジンバスが加わると暫定2車線では事故が頻発することも考えられるからだ。(同様の事は舞鶴若狭自動車道にも言える。)
    更に坂東PAも早期開設した方が良く、商業施設と給油所は両方必要だと思います。

    最も神奈川や多摩方面の成田空港リムジンバスは従来通り首都高だが厚木~つくばの需要も意外と多いようです。