東日本をほぼ縦断 弘前~伊東の夜行列車で早春の伊豆へ 昨年は583系、今年は…

JR東日本秋田支社が、弘前~伊東間の夜行列車を組み込んだ伊豆へのツアーを募集。昨年までは583系電車が使用されてきましたが、今年は別の車両で実施されます。

3月1日発、0泊3日で

 JR東日本秋田支社が、団体専用臨時列車による伊豆へのツアーを募集しています。

170116 e653tour 01
ツアーの団体専用臨時列車に使用されるE653系電車のイメージ(写真出典:photolibrary)。

 出発日は2017年3月1日(水)です。専用列車は、弘前駅(青森県弘前市)を17時55分ごろに出発。大鰐温泉、大館、鷹ノ巣、東能代、秋田、羽後本荘、象潟と停車します。

 2日目、大宮駅を経由し、朝7時59分ごろ伊東駅(静岡県伊東市)に到着。貸切バスに乗り換え、「河津桜まつり」や修善寺温泉などを観光したあと、いちご狩りなどを経て、伊東市内のホテルで夕食と入浴です。そして再び列車に乗り込み、20時20分ごろに伊東駅を出発します。

 3日目、列車は象潟から順番に往路と同じ駅に停車。終点の弘前駅には11時24分ごろに到着する行程です。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 地方発企画は大変良い。車内泊なのでリクライニングやトイレ、シャワー休憩など快適性が向上すれば人気が出ると思う。その間に車内を清掃するとか。

  2. E653系「いなほ」7両編成に加えて、E653系「しらゆき」4両編成もつなげて、常磐線特急当時を思わせる11両フル編成で走ってくれれば....たまりませんなぁ。

  3. 2ページの写真はヒガハスかな

  4. 2ページの写真は白岡-新白岡間の県道の陸橋からですね。