最大156度傾斜で「シェル」付き ウィラーの夜行バス新上級シート、その実力は?

ウィラーが高速バス「WILLER EXPRESS」の新シートを発表。各座席を硬いシェルで覆うことで「個別空間」をつくり、ゆったりと脚を伸ばせるなど、「眠り」を追求したといいます。

傾斜角156度 頭から足先までクッションでサポート

 ウィラー・エクスプレス・ジャパンは2017年1月19日(木)、高速バス「WILLER EXPRESS」に導入する新シートの概要を発表しました。

170119 willerreborn 01
新シート「ReBorn」は、各座席が「シェル」で覆われ、個別空間がつくられる(2017年1月19日、中島洋平撮影)。

 新シートの名は「ReBorn(リボーン)」。各座席の側面から背面にかけて、硬いFRP(繊維強化プラスチック)の「シェル」で包み込まれていることが特徴です。シェル内側には木製のアームレストのほか、ドリンクホルダー、読書灯、コンセント、網状の小物入れを備え、前座席の背面から引き出して使用する大きな木製テーブルもあります。

 このシートを搭載するバスは横3列、縦6列の全18席。シートの前後間隔は1580mmで、2016年9月にウィラーが3列シートの“スタンダード”として発表した「Luxia(ラクシア)より、400mm以上広くとられています。

 シート幅は590mm、背もたれは最大156度まで傾斜。レッグレストも含め、リクライニングはすべて手元のリモコンで操作します。背もたれをリクライニングすると、座面も前に少し移動し、前座席に折りたたまれたフットレストとほぼ連結。これにより、頭から足先まで最大187cmがクッションでサポートされます。

170119 willerreborn 02
前座席の背面に設けられたくぼみがフットレストになっており、脚を伸ばせる。その下は靴入れスペース(2017年1月19日、中島洋平撮影)。

「身長180cmの私でもゆったり脚を伸ばせます」と、ウィラー・エクスプレス・ジャパンの平山幸司社長。「ReBorn」はウィラーのシート開発史上、最長となる3年をかけて完成させたといいます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 11月に、新宿~仙台行きのバスに乗ったことがあります! ビジネスシート で個別にカーテンで仕切られるタイプで、6時間弱でしたが快適でした❕ トイレ休憩が3回有りました。
    各 15分程度なのですが、3回の内一回は20~30分の休憩が欲しかったです❗
    ですが、運転手さんもん感じが良くとても気持ちが良かったです。乗車に関する説明もきちんと説明して下さり、安心して乗車出来ました!緊急事態意外は、 バスの中のトイレは、使わないと思います❗特に、女性は‼

  2. 通路が狭いようだが緊急時の避難に問題は無いのか不安ですね。

  3. トイレ無い時点で安心して眠れないと思うし、いくらカプセルタイプでプライバシー重視しても隣席と並んでいるとストレス感じる人も多いだろう。
    夜行バスだけではないけど、シートや各種機能を最大限使う事が快適性を満たすものではないと思うのだが。

  4. 老人ホームのデイサービスの送迎にもよさそう。