一目瞭然 大雪遅延の東海道新幹線、N700Aが「本領発揮」の疾走 ある装置が貢献か

2017年1月、東海道新幹線では大雪による遅延が発生しましたが、そのときN700A電車が「本領」を発揮。通常時とグラフで比較すると一目瞭然の走りで、遅れを取り戻しました。

最高速度285km/hが120km/hに

 2017年1月16日(月)、東海道新幹線は雪の影響で、米原地区において速度を落として運転。そのため、上下線の列車に遅れが発生しました。

170120 n700 01
雪対策で設置されているスプリンクラーの散水を浴びながら疾走する、東海道新幹線のN700A(2015年12月、恵 知仁撮影)。

 この日、記者(恵 知仁:鉄道ライター)が新大阪駅から乗車した博多発東京行き「のぞみ32号」(N700A電車)も、好天の京都駅を定時の15時53分に発車したのち、雪が降りしきる滋賀・岐阜県内で速度を120km/h程度まで落として走行。次の停車駅である名古屋に到着したのは16時49分ごろと、約19分の遅れになっていました。東海道新幹線の最高速度は285km/hです。

 しかしこののち、東海道新幹線N700Aの「本領発揮」ともいえる走行が始まりました。その様子を「グラフ」でリポートします。なお、この記事における「N700A」には、改良でN700A(2013年デビュー)相当になったN700系(2007年デビュー)を含みます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. こんな記事を待っていました。とてもおもしろいです。
    いつも東海道新幹線を乗っていますが回復運転でどの程度頑張れるのか気になっていました。
    これからも新幹線ファンの琴線に響くおもしろい記事を待っています。
    新幹線関係で気になっていることは以下です。
    1)全編成N700系になったときにどの程度スピードUPできるのか
    2)リニアができた後の東海道新幹線のダイヤ、特にこだま、ひかりのスピードアップ予測
    3)GPSデータの詳細解析。いつも定格出力の100%を使っているのか?→出力上げたらスピードアップできるのか?も気になります。

  2. 豊橋、浜松、熱海は急カーブの影響でしょうかね

  3. 「他列車の運行状況にもよりますが」「ダイヤは余裕を持ったものになっている」
    余裕の大部分はあくまで輸送力調整のためであり、
    当日が回復しやすいダイヤだったことも重要なポイントですね。
    (ライターの方も重々承知のうえで省略したと思いますが、念のため補足したく…)

    東海道新幹線は臨時列車を最大限増発した状態を基準にしてダイヤを組みます。
    そのため、日中の定期列車のダイヤは「スジが寝ている」状態であり、
    臨時列車が走らない場合に限り、そのぶんが回復余力となります。

    のぞみ32号が走る名古屋16時台上り本数は、1/16の場合臨時列車が1本もないため、
    のぞみ・ひかり・こだまをあわせて1時間9本です。
    これがもし1週間前の1/9であれば、臨時のぞみが5本加わり、1時間14本になります。
    もし1/9に大雪が降っていた場合は、回復可能時間は良くて数分に留まっていたでしょう。

    昨年12月18日の浜松不発弾処理に伴う区間運休においても、
    1本の運休もなしに3時間以内に遅延回復見込み、とJR東海から案内がありましたが、
    これも臨時列車の少ない日に処理を行うよう(余裕を最大限に活かせるよう)、
    JR東海と各者との間での調整があったのではないかと、個人的には推測しています。

  4. >2015年度の平均遅延時分は1列車あたり0.2分、つまりたった12秒です。
    これが、少ないのか判断が微妙だと思う。
    鈍行、急行、多数の行先、の列車が走る普通線路なら大したものでしょう。
    専用レールを持ち、新幹線しか走らない。事故原因となりやすい踏切もない。
    絶対値として小さいことは判るが、この条件なら「たった」でなく「なんと」なのでは?

  5. 0系新幹線でも、熱海の花火を見るために、新横浜からATCぎりぎりで突っ走って、熱海駅で30km/h走行で花火を観覧して、そこから又通常走行に戻って名古屋に定着していたそうですよ。昔は。

  6. 新幹線の回復運転の話は、0系時代のことだけれどエリザベス女王の御召し列車のエピソードが面白い。
    要約すると、富士山をご覧になりたいとのご要望で静岡近辺をゆっくり走った後、ATC作動のギリギリをキープして東京着を定時にした。

  7. この様な技術が加わって、走っているとは知りませんでした。この事象に関わらず地震に対する対応も表に出難い
    安全対策が成されていると想像されます。技術の最先端で走行している新幹線、今後はどうなるのでしょうか?

  8. 神戸直下型地震で高架橋が崩落した時は始発前という幸運に救われ、東日本大震災では海洋型地震だったからユレダスが効いた。
    次の巨大地震の時も幸運に恵まれれば良いんだが・・・・リニアはもう航空機事故と同じだろうから諦めてる。

    • 全くそのとおり!確かに保全の努力が大半な部分でも東海道山陽は幸運続きなだけ!あえて安全神話を語るなら新潟200に九州800でしょ!得に新潟の場合は脱線はしたものの転覆は免れ高架から飛び出て他に被害を出さなかった!それに前後の列車は無事緊急停車、これをもはや旧幹線と言わざるえない東海道山陽だと考えたら・・・阪神淡路では車庫の列車があの有り様・・・遊園地のコースターならともかくフランジで横に外れる対策だけの鉄道は在来も新幹線も突き上げられる力には全くの無力!

  9. 「乱れたダイヤ(遅れ)をいかに早く復旧させることができるか」も性能の一つであると思います。この点では新幹線の(車両を含めた)システムは傑出していると思います。

  10. 確かに名古屋~新横浜間は遅れは取り戻せることがわかりましたが、ある日に新横浜駅で30秒遅れがあったときには品川駅到着が22秒遅れていたことがありました。
    区間によっては余裕時間の設定が短いものもあることがわかりました。