特急用の新型ディーゼルカー完成 日本の伝統意匠を現代的にアレンジ JR四国

JR四国が、2000系ディーゼルカーの置き換えとして、2600系を新製。2月15日に高松運転所へ到着します。

2000系の置き換え用として製造

 JR四国は2017年1月30日(月)、特急用新型車両の2600系ディーゼルカーが完成し、2月15日(水)に高松運転所へ到着すると発表しました。

 2600系は予讃線や土讃線、高徳線で使用されている2000系ディーゼルカーの、老朽化にともなう置き換え用として新製された車両です。今回は2両編成2本(計4両)が納入されます。2両編成の定員は98人。最高運転速度は120km/hです。

新型2600系ディーゼルカーの外観イメージ(画像出典:JR四国)

 JR四国によると、デザインコンセプトは「Neo Japonisme(ネオ・ジャポニスム)」。日本の伝統意匠を現代的にアレンジし、安らぎと先進性をあわせ持たせた特急車両です。外観は四国の自然に映える「ディープレッド」を基調とし、あわせて金を配色。「ディープレッドのラインを筆の流れにみたてて、紅墨汁のにじみのごとく、赤い色彩がステンレスボディに染み入る様をゴールドの縁取りで表現」しているといいます。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント