温泉にストーブ列車、ナイトクルーズも 「四季島」の2017年度「冬コース」

旅行代金は50万円から 「東日本の旬」コースも別途設定

 定員は各出発日とも34人。代金は「びゅうトラベルサービス」が扱う旅行商品の場合、「四季島スイート」が2人利用で70万円、1人利用で105万円です。「デラックススイート」は2人利用で65万円、1人利用で97万5000円。「スイート」は2人利用で50万円、1人利用で75万円です(いずれも1人あたり)。なお、「びゅうトラベルサービス」以外の旅行会社からも旅行商品が別途発売される予定です。

 このほか、「東日本の旬」コースとして、2017年8月16日(水)発の「夏」、12月31日(日)出発の「年末年始」、2018年3月24日(土)発の「冬」が設定されます。JR東日本によると「東日本エリアに息づくその季節ならではの旬を楽しむ」コースといいます。

 いずれのコースも発売は、「びゅうトラベルサービス」が扱う商品の場合、ウェブサイトやツアーデスクで受付中。申し込み締切は3月31日(金)で、抽選の結果は4月末ごろに発表される予定です。

【了】

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

最新記事

コメント