豪華列車「トワイライト瑞風」、海が見えすぎ軍が困った呉線を走行へ

JR西日本が2017年春の運行開始を予定している「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が、呉線を走ることになりました。車窓に瀬戸内海を満喫できる路線で、広島らしい“牡蠣の風景”も見られます。

海を楽しむ観光列車が走る路線

 2015年11月6日(金)、JR西日本は2017年春の運行開始を予定している周遊型の豪華列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」を、呉線でも運行することを明らかにしました。

 JR西日本の呉線は、広島県の三原と広島駅方面を結ぶ全長87.0kmの路線です。おおよそ瀬戸内海へ沿うように走っており、車窓にその穏やかな海と無数の島々が登場。「瀬戸内マリンビュー」という“”をイメージした観光列車も運転されるなど、瀬戸内海の多島美を車窓に満喫できる路線として知られています。

2017年春にJR西日本エリアで運行開始予定の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」。1室で1両を丸々使う「スイートルーム」も(画像提供:JR西日本)。

 呉線でその車窓を楽しめるのは、1泊2日で走る「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の山陽コース(上り)、2日目の朝です。

 このコースでは山口県の下関駅を発車したのち、広島県内で宮島へ立ち寄って車中泊。そして2日目の朝、三原駅から広駅まで往復する形で呉線を走行。山陽本線で京都駅へ向かいます。

 JR西日本は「『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』がご提供する美しい日本の姿を再発見する特別なに、どうぞご期待ください」としています。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. YMMD with that anwser! TX