新東名・駿河湾沼津スマートIC、3月18日開通 SAに併設

2017年3月18日、新東名高速の長泉沼津IC~新富士IC間にある駿河湾沼津SAで、スマートICが開通します。

駿河湾沼津SAに併設

 NEXCO中日本は2017年2月14日(火)、沼津市と整備してきた新東名高速・駿河湾沼津スマートICが、3月18日(土)16時に開通すると発表しました。

「スマートIC」とはETC専用のIC(インターチェンジ)で、高速道路の本線やSA、PA、バス停などから乗り降りができるよう設置されるものです。利用車両が限定されることから簡易な料金所の設置で済み、料金徴収員も不要なため、従来のICに比べて低コストで導入できるなどのメリットがあります。

170215 surugawannumazusic 01
駿河湾沼津スマートICは長泉沼津ICから5.4km、新富士ICから14.9kmの、駿河湾沼津SAに設置される(画像出典:NEXCO中日本)。

 今回開通する駿河湾沼津スマートICは、長泉沼津IC~新富士IC間にある既存の駿河湾沼津SAに設置されます。

 NEXCO中日本によると、高速道路の利便性向上に加え、沼津市西部地域の企業誘致促進や雇用拡大など地域産業の活性化、災害時の復旧支援ルート確保・防災拠点へのアクセス向上、駿河湾沼津SAを含めた市内周遊観光の促進が見込まれるといいます。

 なお、同じ3月18日(土)には、東名高速の浜松IC~浜松西IC間に、三方原スマートICも開通する予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント