京阪「春待ちヱビス号」3月に大津線で運行 車内でビールとオードブル、お土産も

京阪電鉄が2017年3月、列車に揺られながらビールやオードブルを楽しめるイベント列車を大津線で運行。「ヱビスビール樽生」「ヱビス プレミアム ブラック樽生」などが味わえます。

「ヱビス」初の上面酵母を使用したホワイトビールがお土産に

 京阪電鉄とサッポロビールは2017年2月17日(金)、京阪大津線で完全予約制のイベント列車「春待ちヱビス号」を運行すると発表しました。

170217 keihanebisu 01
「春待ちヱビス号」のパンフレット。車両は700形電車が使用される(画像出典:京阪電鉄)。

「春が待ち遠しいこの時期に、電車に揺られながら、暖かい車内で『幸せなひと時』をお楽しみいただきたい」という思いから実施するといい、「ヱビスビール」とそれに合うオードブル、お土産も用意されます。概要は以下の通りです。

・期間
3月7日(火)から20日(月・祝)までの毎日。1日1便。
・人数
1便最大60名。最少催行人員20名。
・行程
浜大津18時26分発、浜大津20時02分着。途中、坂本駅と石山寺駅でトイレ休憩。
・料金
1名5000円(税込)。大人、子どもとも津料金。未成年は要保護者同伴。申込みは2名以上から受付。
・飲食内容
1人用オードブル、乾杯用ビール1杯と飲み物券2枚。飲み物は「ヱビスビール樽生」「ヱビス プレミアム ブラック樽生」、前記2種のハーフ&ハーフ、ワイン、チューハイ、ソフトドリンクから選択。車内で販売する追加の飲み物は有料。酒類、おつまみ類の持ち込みは自由。お湯、氷などのサービスはなし。
・お土産
3月7日(火)に新発売される「ヱビス」初の上面酵母を使用したホワイトビール「ヱビス 華みやび」500ml缶1本。
・備考
電車内にトイレはなし。受付時に渡されるイベント専用乗車券で、当日は大津線内をフリー乗車可能。

 申込みは、2月20日(月)から3月17日(金)までの平日9時から17時のあいだ、「春待ちヱビス号」予約専用ダイヤル(06-4965-0012)で行えます(乗車3日前から1人4400円のキャンセル料が発生)。京阪電鉄とサッポロビールの両社は「ぜひ、ご友人やご家族と一緒に「春待ちヱビス号」に乗って“ヱビスで愉しむ、幸せなひと時”を味わってください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント