国鉄寝台電車「583系」最後の1編成、4月8日引退 JR東日本

ラストランは秋田~弘前間

 今回、引退に際し、583系の団体専用臨時列車を組み込んだ旅行商品「ありがとう583系」「さようなら583系」が発売されます。各商品の詳細は次のとおりです。

●ありがとう583系 増田の蔵と日帰り温泉の旅
・出発日 
 4月2日(日)
・旅行代金(秋田駅発着の場合)
 大人9800円、子供7000円。昼食、オリジナル記念乗車証付き
・行程
 秋田9時39分発→湯沢11時05分着、温泉、昼食、観光、十文字16時19分発→秋田17時35分着

●さようなら583系 日帰りの旅(秋田発)
・出発日
 4月8日(土)
・旅行代金(秋田駅発着の場合)
 大人8800円、子供5000円。オリジナル掛け紙の弁当、オリジナル記念乗車証付き
・行程
 秋田7時21分発→弘前9時27分着、自由行動、弘前17時35分発→秋田20時23分着

●さようなら583系 日帰りの旅(弘前発)
・出発日
 4月8日(土)
・旅行代金(弘前駅発着の場合)
 大人8800円、子供5000円。オリジナル掛け紙の弁当、オリジナル記念乗車証付き
・行程
 弘前10時00分発→秋田12時30分着、自由行動、秋田14時50分発→弘前17時07分着

 各商品とも募集人員は300人。申し込みは1人から可能です。受付は2月20日(月)14時から、秋田県内および弘前駅の「びゅうプラザ」または「びゅう予約センター秋田」「びゅう予約センター弘前」で行われます。

 なお、4月8日(土)には「『ありがとう583系』ラストラン記念入場券」が秋田駅と弘前駅で発売されます。「ラストラン」後の4月9日(日)には、秋田駅2番線で車両展示会が行われる予定です。

 JR東日本秋田支社は「時代の移り変わりを、お客さまや社員と走り抜け、多くの人の思い出に残っている『583系』。最終運行の乗り心地を存分にお楽しみください。長年ご愛顧いただき、ありがとうございました」としています。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 先頭1両でいいから、保存されないかな。
    あと、通常の寝台1区画と、パンタ下の1区画を展示して欲しい。
    自分は青森→上野をはくつるで、上野→秋田を津軽で乗った。
    山形の真室川あたりで夜が明けたのを思い出す。
    長い間の活躍、お疲れ様でした。
    ありがとう!!

    …209系が京浜東北から消えるときは、とっとと失せろポンコツ!!という気持ちしかなかったのに、この寂しさは比較にならないなw

    • いや、この際だから一編成丸々残してくれないかな。
      専用の保存庫を拵えたって構わん。
      営業線と繋げておき、撮影会の時には引っ張り出す。
      (車輌公開、撮影会は有料で実施する。)

      これらの労力に見合うだけの今後の収入は期待できると思うが・・・。

  2. じゃあアンタがその保存する金出せよ。

    • 記事についてコメントしろよ。

      意味のないコメントするだけなら
      記事を見る必要などない。

  3. おつかれい

  4. 2010年の急行きたぐにを最後に地元、奥羽本線でラストラン、本当に寂しい気持ちでいっぱいです。特急かもしかでの運行など思い出をありがとう。本当にお疲れさまでした。私の心の中では、一生走ることでしょう。

  5. 「きたぐに」の下段寝台使った時に、目覚めてから椅子席に戻して、中段で頭部が狭くなってる窓側に座って外を眺めたのを思い出した。この頭部のスキマ、寝る前の着替えでも使えた。

    運用側も苦肉の策の昼夜兼用だったのだろうけど、ボックスシートの昼行特急は、ちょっと難しかったのではないかな。もちろん頭部ではなく足元の広さで。あと他人との対面とかリクラインしないとか。