「のぞみ」25周年、JR30周年特別ツアー実施 「リニア・鉄道館」パーティー参加、記念列車乗車も JR東海

2017年のJR発足30周年、「のぞみ」誕生25周年を記念した特別ツアーが登場。夜間特別貸し切りの「リニア・鉄道館」で記念パーティーに参加できるほか「のぞみ25周年記念列車」乗車、「東京駅お仕事体験」などが用意されます。

「リニア・鉄道館」にはサプライズゲストも登場

 今年、2017年はJR発足30周年で、新幹線に「のぞみ」が誕生して25周年になります。国鉄の分割民営化によるJR発足は、1987(昭和62)年4月1日です。そして1992(平成4)年3月14日、既存の「ひかり」より速い列車として、当時の最新型車両である300系電車を使い、東京~新大阪間で「のぞみ」の運転が始まりました。

170224 jrtokai 01
初代「のぞみ」車両300系。東海道新幹線の最高速度を、それまでの220km/hから270km/hへ大きく向上させた(2007年6月、恵 知仁撮影)。

 これを記念した“特別ツアー”を、JR東海ツアーズが販売。ポイントは大きくみっつです。

 まず、名古屋市にある「リニア・鉄道館」の夜間特別貸し切り。貸し切りのためゆっくり見学できるのはもちろん、「のぞみ25周年記念パーティー」への参加もできます。パーティーでは食事に「のぞみ25周年」の特別メニューが用意され、JR東海発足時から展開された人気CMにまつわるサプライズゲストが登場するとのこと。また、「ドクターイエロー(T3編成)」や「300X」といった同館に収蔵されている歴代新幹線車両の運転台がすべて公開されるほか、各種シミュレータも抽選ですが、無料で体験できます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント