小田急・特急ロマンスカーに30000形「EXEα」登場 特徴は? 「20年の変化」に対応

小田急「ロマンスカー」のひとつ30000形「EXE」が「EXEα」にリニューアルされ、2017年3月1日に運転開始。小田急線を使った通勤、観光に変化が起きます。リニューアルはどんな目的で行われ、どこが「進化」したのでしょうか。

通勤にも活躍できる「ロマンスカー」として

 小田急電鉄の特急「ロマンスカー」車両30000形「EXEα(エクセ アルファ)」が、2017年3月1日(水)より運転を開始します。

170225 exe 01
新たに登場する小田急「ロマンスカー」、30000形「EXEα」(2016年12月、恵 知仁撮影)。

 1996(平成8)年にデビューした30000形電車「EXE(エクセ)」をリニューアルしたもので、小田急電鉄 運転車両部の野中俊昭課長によるとこの車両が登場した当時、自動ホロやコンプレッサーなどの新しい機器にトラブルが多く、徹夜での対応もしたそうです。そして、それから20年。このたび実施されるリニューアルについて「感慨深いです。かわいい息子のよう」と目を細めます。

 小田急30000形「EXE」は、箱根などへの観光利用のほか、通勤やショッピングといった日常利用を強く意識しているのが大きな特徴です。状況に応じて10両編成を6両と4両に分割できる「柔軟性」、588名(リニューアル前。リニューアル後は578名)という「特急『ロマンスカー』で最も多い定員」を持ち、小田急線の通勤環境向上などに貢献しました。

 ちなみに「6両」と「4両」の連結部分は、ホロで覆われた通路で行き来が可能。そのホロは「6両」と「4両」の連結・切り離しにあたって、自動でセットされます(先述の「自動ホロ」)。

 また、「EXE」の由来は「Excellent Express(素敵で優秀な特急列車)」です。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 確かに外面やトイレは良くなったけど、外装と座席の色はまずいと思う。
    何故ならEXE特有の落ち着いた色合いに似合わないし、逆にEXEの良さが失われてしまう。
    この車両こそ御殿場線に直通して欲しい車両だと思うし、MSEよりは乗り入れてほしいと思う。
    但し、ロマンスカーは本厚木や海老名以西の利用者が凄く少ない事があるし、来日客は品川から新幹線で行きやすい熱海や三島を選ぶ方が多い事。
    湯本の駅前は人が多いが、芦ノ湖あたりになると箱根新道無料化などの影響で結構、危ないから危機感を持っていた方が良いかもしれない。
    現に箱根ホテル小涌園が閉鎖される予定だから余計に危ないと思う。
    余談だが、このEXEで沼津駅が高架化したら沼津駅まで乗り入れてほしいなと思う。

  2. 色使いやデザインはかなり落ちましたね。
    残念列車。

  3. 小田急は通勤車のリニューアルは上手いのに特急車両はいつもイマイチ。3000系のリニューアルの時からそう感じる。デザインレベルを既存車に合わせる所から間違い。既にそのデザインは10年前の感覚を忘れてるのか?通勤車は逆に5000系あたりから既存車を超えようという明確な狙いが見えるのに。