小田急・特急ロマンスカーに30000形「EXEα」登場 特徴は? 「20年の変化」に対応

「EXE」から「EXEα」、進化のポイントは? 「社会の変化」にも対応

 小田急電鉄によると、「EXE」就役から20年が経過し、高齢化の進展や訪日外国人旅行者の増加など社会が変化するなか、多様化する利用者のニーズに合致した車両サービスを提供するため今回、「EXE」から「EXEα」への全面リニューアルを実施するといいます。

Large 170225 exe 02
6両と4両に分割できる小田急30000形「EXEα」(2016年12月、恵 知仁撮影)。

 デザイン設計は、前面展望席構造を持つ小田急「ロマンスカー」の代表的車両50000形「VSE」などを担当した、岡部憲明アーキテクチャーネットワークが担当。車体塗色がブロンズ系からシルバー系になるなど、内外装ともデザインには大きく手が加えられました。

Large 170225 exe 03
小田急30000形「EXEα」の客室(2016年12月、恵 知仁撮影)。

 車内は、天井が明るい仕上げ材に変更され、壁面は木質系の仕上げに。照明は間接・直接を組み合わせたもので、「落ち着いたビジネス空間と心地よい豊かさをもつ観光車両の空間を共に演出」したとのこと。訪日外国人旅行者としての対応として、大型収納スペースも用意されます。

Large 170225 exe 04
傘を差すこともできる小田急30000形「EXEα」の座席(2016年12月、恵 知仁撮影)。

 座席はデザインが変更されたほか、テーブルと肘掛けが一新され、手かけやフックなども用意されました。またリニューアル前からWi-Fiサービスが導入されているほか、リニューアル車両の第2陣からは、窓側の座席にコンセントも設置される予定です。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 確かに外面やトイレは良くなったけど、外装と座席の色はまずいと思う。
    何故ならEXE特有の落ち着いた色合いに似合わないし、逆にEXEの良さが失われてしまう。
    この車両こそ御殿場線に直通して欲しい車両だと思うし、MSEよりは乗り入れてほしいと思う。
    但し、ロマンスカーは本厚木や海老名以西の利用者が凄く少ない事があるし、来日客は品川から新幹線で行きやすい熱海や三島を選ぶ方が多い事。
    湯本の駅前は人が多いが、芦ノ湖あたりになると箱根新道無料化などの影響で結構、危ないから危機感を持っていた方が良いかもしれない。
    現に箱根ホテル小涌園が閉鎖される予定だから余計に危ないと思う。
    余談だが、このEXEで沼津駅が高架化したら沼津駅まで乗り入れてほしいなと思う。

  2. 色使いやデザインはかなり落ちましたね。
    残念列車。

  3. 小田急は通勤車のリニューアルは上手いのに特急車両はいつもイマイチ。3000系のリニューアルの時からそう感じる。デザインレベルを既存車に合わせる所から間違い。既にそのデザインは10年前の感覚を忘れてるのか?通勤車は逆に5000系あたりから既存車を超えようという明確な狙いが見えるのに。