南武線の川崎~登戸間が開業90周年 臨時列車運行、グッズ発売も JR東日本

2017年3月9日、JR南武線の川崎~登戸間が開業90周年を迎えます。これを記念し、臨時列車の運行や記念グッズの発売などが予定されています。

3月9日に臨時列車を運行

 JR東日本横浜支社は2017年3月3日(金)、南武線の川崎~登戸間が9日(木)に開業90周年を迎えることを記念し、同線で臨時列車を運行すると発表しました。

南武線で使用されているE233系電車(画像:JR東日本横浜支社)。

 南武線を走るE233系電車1編成を使用。先頭車には90周年記念ロゴなどをデザインしたヘッドマークが掲出されます。車内は、中吊り広告がすべて南武線にまつわる写真にされ、吊り手にも記念の装飾が施されます。

 運行期間は3月9日(木)から当面のあいだです。初日の9日(木)は川崎10時33分発、登戸11時02分着で記念の臨時列車(各停車)を運行。始発の川崎と、途中の尻手、武蔵小杉、武蔵中原、武蔵溝ノ口駅では駅長が出発合図を行います。10日(金)以降は定期列車として運行されます。

「アトレ」川崎店で2017年3月9日から発売されるアクリルキーホルダーのイメージ。税込み各500円(画像:JR東日本横浜支社)。

 このほか、南武線の駅では写真や年表の展示が、沿線の店舗では南武線グッズの発売などが行われる予定です。また、4月中旬からはクイズラリーも企画されています。

【了】

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント