コインパーキングから「ロック板」消える? 不正防止よりも重要視することとは

導入の背景に「ロック板式」の問題点

――仮に不正するとどうなるのでしょうか。

 不正に出庫したクルマを、すぐ捕まえて料金を請求するわけではありません。ナンバーや不正の証拠は把握しているので、そのクルマが全国にある同方式の駐車場に再び入庫した際に、警備員が未払いぶんの支払いを促す紙をクルマに貼ります。紙を貼られた人は、その場の精算機で支払うこともできますが、請求書の発行を申し出て後日、支払い手続きを行うことも可能で、実際には後者のケースが多いです。

――なぜこうしたシステムを開発したのでしょうか。

 最大の目的は、ロック板による事故やトラブルを避けることです。ロック板は、精算から一定の時間内に出庫しないと再び跳ね上がりますが、たとえば、料金の精算後に車内で電話していて、それに気づかず発車し、クルマが破損してトラブルになるケースがあります。また、乗降の際にロック板でケガをしたという人も多く、当社が実施したロック板式駐車場に関するアンケート調査では、20パーセント以上の人がなんらかのトラブルを経験していました。

――「ロック板なし」は増えているのでしょうか。

 当社はこの方式を2009(平成21)年に業界で初めて開発し、現在、全国2300弱の駐車場に導入されています。お話しした通り、ロック板式はクルマが破損するようなトラブルもあり、時に深刻なクレームが寄せられます。一方でほとんどの利用者は、料金をちゃんと支払いたいという意思を持っています。利用者の「事故」を避けたいと考えている駐車場運営者に選ばれているのだと思います。

※ ※ ※

 ロック板のない駐車場には、不正利用を防止するよりも、まずトラブルを避けるという意図がありました。一面では、利用者との信頼関係で成立している方式ともいえそうです。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

7件のコメント

  1. >「ゲート式」が主流でしたが、処理に時間がかかりクルマが詰まりやすい
    これ、事前精算機次第ですよね。ロック板方式の方が精算機が少ないから待たさせる時間が長いような。

  2. これなら2輪も対応出来ないかな?ツーリングで各地に行くけど2輪の駐車出来る所が少なすぎると思う。4輪の料金払うって言っても追い出されるもんな・・・

  3. まだまだロック板のない駐車場は少数派。一部の会社しか導入していない。
    ただ、払わないでずっと済まそうという人もいるだろう。誰がどうやって請求するんだろう。。。

  4. ロック版がない方がいいよね。

  5. 同じ コインパーキング業界の者です。
    ナンバープレートの1文字 白いガムテープで隠せば、所有者の判別が困難になるような・・
    一部のヤンチャなお兄さん達のあいだでは、偽物のナンバープレートを付けてるようですよ。
    フラップ無しのコインパーキングは、踏み倒しが増えてて、取り締まりが追いついてない!なんて話しも耳にしましたが、
    本当のところ、どうなんでしょうかね・・

  6. そもそも、駐車場の駐車可能寸法をきちんと読めば最低地上高もかいているし。もっと言えば自分の車の寸法(全長、全幅、最大高さ、最低地上高)意識して車を買ったり駐車している人、いる?

  7. ロック板があっても隣が空いていたらうまくハンドルを切り返してそのまま脱出されてしまったり坂道状のスコッチをかましてそのまま上を乗り越えられたりされてしまうおそれもあるので来た車をセンサーでNo.まで確実に把捉してしまうのは良い方法だと思います。ロック板という機械装置の保守管理も要らなくなるわけだし。