通勤電車の祖「ナデ6141」国の重要文化財に指定へ 鉄道博物館収蔵

鉄道博物館に収蔵されているナデ6141が、国の重要文化財に指定される運びになりました。

1914年に製造された電車

 鉄道博物館(さいたま市)に収蔵されているナデ6110形電車の6141号車が、2017年3月10日(金)、文化庁の文化審議会答申を受け、国の重要文化財(美術工芸品)に指定される運びになりました。

170310 nade6141 01
鉄道博物館に展示されているナデ6141(画像:鉄道博物館)。

 ナデ6141は1914(大正3)年に当時の鉄道院新橋工場で製造された電車です。全長は当時としては大型の約16mで、自重は35.5トン、定員は92人。車体の前後に2軸の台車を取り付けたボギー電車としては、現存する国内最古の車両です。

 利用者の増加に対応するため、鉄道院で初めて3扉を採用してスムーズな乗降を確保したことや、統括制御装置を本格的に導入し、ひとつの運転台によって連結した車両を制御できるようにした点など、今日の通勤形車両の原型となる設備を持っています。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. この電車の経歴はまさに波瀾万丈。まず譲渡繰り返しのなかで鶴見線が国有化され、鉄道省へ復帰している上、鉄道省、日本国有鉄道、JRとそれぞれの組織で何らかの形復帰している。さらに、鉄道院で所属後譲渡先も含めて最後のJR以外の鉄道会社が改称あるいは廃止されている。さらには一度東芝と日立と2回電機メーカーに保管されていたこともある。影で日本の鉄道と産業を見つめ続けてきたまさに歴史の生き証人とも言える存在でしょう。

  2. 良いことなのだが、余りにも遅すぎる。
    新性能電車が指定されていても良い頃の筈。

  3. なぜ今頃?
    近距離輸送の象徴と言ってもいい車両なのにちょっと遅すぎる気が

    下の方が言うように101系率いる新性能電車が登録されていても良いと思うんですけどね

  4. 現存する最古のボギー電車は長崎電気軌道の168号ですが(1911年製)。あと、鶴見臨海鉄道ではなくて鶴見臨港鉄道です。