通勤電車の祖「ナデ6141」国の重要文化財に指定へ 鉄道博物館収蔵

ナデ6141の経歴は

 車両は中央本線や山手線の電車区間で使用されたのち、1925(大正14)年、目黒蒲田電鉄(現・東急電鉄)に譲渡。その後、芝浦製作所、鶴見臨港鉄道(現・JR鶴見線)、日立電鉄(廃線)と移籍を繰り返し、1972(昭和47)年、国鉄に返還されました。

 国鉄大井工場(東京都品川区)での復元・整備工事を経て、1972(昭和47)年10月14日には電車としては初めて「鉄道記念物」に指定。現在の鉄道博物館が開館した2007(平成19)年10月14日からは、同館で保存、展示されています。

 なお、鉄道博物館に収蔵されている国の重要文化財は、1号機関車(150形)、鉄道古文書(明治時代における鉄道創業期の公文書群)、1号御料車(初代)の3件であり、今回のナデ6141で4件目になります。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. この電車の経歴はまさに波瀾万丈。まず譲渡繰り返しのなかで鶴見線が国有化され、鉄道省へ復帰している上、鉄道省、日本国有鉄道、JRとそれぞれの組織で何らかの形復帰している。さらに、鉄道院で所属後譲渡先も含めて最後のJR以外の鉄道会社が改称あるいは廃止されている。さらには一度東芝と日立と2回電機メーカーに保管されていたこともある。影で日本の鉄道と産業を見つめ続けてきたまさに歴史の生き証人とも言える存在でしょう。

  2. 良いことなのだが、余りにも遅すぎる。
    新性能電車が指定されていても良い頃の筈。

  3. なぜ今頃?
    近距離輸送の象徴と言ってもいい車両なのにちょっと遅すぎる気が

    下の方が言うように101系率いる新性能電車が登録されていても良いと思うんですけどね

  4. 現存する最古のボギー電車は長崎電気軌道の168号ですが(1911年製)。あと、鶴見臨海鉄道ではなくて鶴見臨港鉄道です。