国鉄の代表的通勤電車103系が「水玉」に 鉄博リニューアルで新デザイン

鉄道博物館に展示されている103系電車が、同館リニューアルに伴う企画で「水玉模様」に変わります。

「ラーニングゾーン」が一足早くリニューアル

 鉄道博物館(さいたま市)は2017年3月7日(火)、JR東日本会社発足30周年事業として進めている新館建設と本館全面リニューアルの第1弾として、「キッズプラザ」と「科学ステーション」を4月27日(木)にオープンすると発表しました。

 本館の「ラーニングゾーン」が、1階は「キッズプラザ」、2階と3階は「科学ステーション」として生まれ変わります。

170213 teppakurenewal 01
鉄道博物館に展示されている103系電車の新デザインイメージ(画像:鉄道博物館)。

「キッズプラザ」では、展示されている103系電車が“水玉”のデザインに。今回のリニューアルにあわせ、鉄道博物館が2016年に公募を行い、応募総数6536票のなかで人気が高かったデザインを採用したといいます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント