セキュリティカメラ、全車両に導入へ 乗降ドア上部に設置 東京メトロ

2018年度から東京メトロ全車両にセキュリティカメラが順次導入されます。

車内で犯罪行為がたびたび発生

 東京メトロは2017年3月14日(火)、全車両にセキュリティカメラを設置すると発表しました。

 これまで東京メトロは、カメラを駅構内に設置したり、駅係員や警備員を巡回させたりしてきましたが、車内ではつり手の盗難や座席へのいたずら、迷惑行為などの犯罪行為がたびたび発生しており、また、テロ対策などの観点から、カメラを設置することにしたといいます。

170314 metrocamera 01
車内セキュリティカメラの設置イメージ(画像:東京メトロ)。

 2018年度以降、全車両に順次導入。各車両の乗降ドア上部にカメラを配置し、車内全体を見渡せるようにします。乗客には「セキュリティカメラ作動中」と記載したステッカーなどを掲出し周知します。

 録画映像は、駅構内のカメラと同様、閲覧できる社員を限定。警察や直通運転先とも連携し、目的外使用がないよう、関係法令や社内規程に従い厳重に管理するということです。

 東京メトロは「駅構内だけでなく、車両内においても犯罪行為の未然防止、状況の把握が可能となり、お客様の安心感の更なる向上を目指します」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これはただの監視行為に過ぎないのでやる必要性が感じられないと思う。
    そんな事より駅の改良が先決だと思います。