「改札通過サービス」人形町駅で開始 専用改札経由で目的地近くの改札へ

東京メトロ日比谷線と都営浅草線の乗り換え駅である人形町駅で、「改札通過サービス」の運用が始まりました。

ICカード利用者が対象

 東京メトロ東京都交通局は2017年4月1日(土)から、人形町(東京都中央区)において「改札通過サービス」を開始しました。

 新設された乗り換え専用改札をICカード(磁気券不可)で通ることで、都営浅草線の人は東京メトロ日比谷線側の改札口を、日比谷線の人は浅草線側の改札口を利用できるようになります。

人形町駅における「改札通過サービス」のイメージ(画像:東京メトロ)。

 東京メトロと都営地下鉄の「改札通過サービス」導入は、市ケ谷駅、春日駅・後楽園駅、門前仲町駅、青山一丁目駅に続き5例目です。

 なお、同日、浅草線ではA6番出入口に近い位置に改札口を新設。エレベーターを利用する人にとっては距離が短縮されています。

 また、東京メトロの2017年度事業計画によると、日比谷線の人形町駅と、近接する半蔵門線の水天宮前駅は、これまでは別々の駅の扱いでしたが、今年度に乗り換え駅として設定される予定です。

【了】

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント