名古屋市営地下鉄東山線、7月から全線でワンマン運転

名古屋市営地下鉄東山線の全線で、2017年7月1日から「ワンマン運転」が始まります。

7月1日の始発列車から変更

 名古屋市交通局は2017年6月1日(木)、東山線の全線で7月から「ワンマン運転」を開始すると発表しました。

 現在は、藤が丘~池下間と亀島~高畑間は運転士ひとりによるワンマン運転、池下~亀島間は運転士と車掌による「ツーマン運転」ですが、7月1日(土)の始発列車から藤が丘~高畑間の全線を通じてワンマン運転に変更されます。

170606 nagoyahigashiyamasenoneman 01
全線でワンマン運転を開始する名古屋市営地下鉄東山線(恵 知仁撮影)。

 また、ワンマン運転時の安全対策として、乗客から車内非常通報装置による通報を受けた場合、運転士が応答できない場合でも運転指令室へ転送され、運転指令員が対応するといいます。

 同局は「今後も安全確保することにより、お客さまの安全・安心を守り、日々の運行に努めてまいります」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ホームドアが出来たからかな?
    ワンマンだと扉開閉に時間がかかるから客には不便。
    ワンマンで運賃値下げならいいけどするわけないし。

  2. あえてコメント書くが、前から色んな意味でワンマン運転だからな、あの女性専用車に障害を抱えた男性ですら一人で乗せないザマは汚らわしさすら感じるね

  3. 先日友達が地下鉄が発車したと同時に後ろに転んで手首を骨折しましたがどうしたらいいのでしょうか。私も乗っていましたが、発車がいつもと違ってガターンとした発車でいた。