「モータープール」=「駐車場」の謎 なぜ大阪だけなぜそう呼ぶのか?

少なくとも昭和20年代から「モータープール」 進駐軍との関係も?

 大阪で駐車場を「モータープール」と呼ぶルーツを探るべく、大阪府立中之島図書館による協力のもと、資料を調べました。

「モータープール」と名の付く駐車場の古い例は、昭和20年代後半にさかのぼります。『阪急不動産の50年史』(社史編纂委員会、阪急不動産)には1953(昭和28)年、阪急梅田駅の南東に「梅田モータープール」が開業したと記されています。ちなみに2017年6月現在、この場所にあるのは商業ビル「HEP FIVE」(ヘップファイブ)です。

 また、「梅田モータープール」ができた年である1953年5月20日付けの毎日新聞によると、国鉄大阪駅前に当時日本一の高さだった地上12階建ての「第一生命ビルディング」が誕生し、「地下2、3階にモータープールを備えた」との文言があります。今回の調査で確認できた、駐車場を「モータープール」と呼称するもっとも古い記録はこの2件でした。

 阪急不動産および、第一生命ビルディング(現・大阪第一生命ビル)の所有者である株式会社第一ビルディングの関西統括事業所(大阪市淀川区)に、「モータープール」という呼称の由来を聞きましたが、いずれも「わからない」との回答でした。さすがに古い話で、両社ともわかる人が社内にいないそうです。

Large 170718 motorpool 02
現在の「HEP FIVE」の場所にはかつて「梅田モータープール」があったほか、大阪第一生命ビルの地下2、3階にもモータープールが設けられていた(国土地理院の地図を加工)。

 なお、戦後、進駐軍のクルマの待機場所を「モータープール」と呼んでいたことにルーツがあるという説もあり、上記の「梅田モータープール」があった場所はかつて進駐軍の接収地だったそうです。しかし、進駐軍がこの接収地をどのように使用していたかは不明で、「梅田モータープール」という名称との関連についても確認はできませんでした。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170718 motorpool 03
  • Thumbnail 170718 motorpool 01
  • Thumbnail 170718 motorpool 02

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. 商品車を置くに何処のプールとか言ってるよね、

  2. 関東でもモータープールって呼ぶし。
    鎌倉駅の近くにモータープールって書いてあるのを見つけた。

  3. モータープールという言葉は、本来は一般人が考える駐車場ではなく、自動車メーカーや物流業者(陸上、船舶等)などが、大量の車両を一時的に保管するスペースを意味する言葉として考えるべきでしょうか(古い鉄道雑誌には自動車専用貨車扱い駅の駐車スペースをモータープールと記述している例がある)。それを新しい物、派手なもの好きな大阪人が、他よりも立派な駐車場だぞ、という意味で使い始めた、という可能性も考えられます(当時の店舗などの駐車場は今よりも駐車台数が少ないと考えられます)。間違っていたらごめんなさい。

    • それよ、それ!保管、

  4. 大阪だけじゃないし‥‥

  5. 愛知県及び静岡県西部も「モータープール」とよばれたいた。

  6. そんなこと、気づきもしなかった。。。

  7. 本文にもあるように、進駐軍の用語が伝わったと聞く。

    全然関係ないが、その昔プールバーという施設は酒とスイミングを楽しめる施設だと思い込み、
    酒気帯びで泳ぐなんてアブねーなと思ってたw

  8. 小金井市貫井北町にも「モータープール」の看板を見掛けます❗

  9. 昔泳げるかと思ってたですなあ