日比谷線直通用の新型70000系、7月7日デビュー 東武

東武鉄道の新型70000系電車が2017年7月7日にデビューします。

2019年度までに22編成を導入

 東武鉄道は2017年6月22日(木)、新型の70000系電車が7月7日(金)にデビューすると発表しました。

 70000系は、今後のホームドア導入を見据え、相互直通運転を行っている東京メトロ日比谷線用の新型13000系電車と共通仕様に。車両機器や車内の主要設備が統一されたほか、これまで混在していた3ドア車と5ドア車(18m×8両編成)が、すべて4ドア車(20m×7両編成)にそろえられています。

170622 tobu70000 01
2017年7月7日から営業運転を開始する東武鉄道の新型70000系電車(2017年4月、中島洋平撮影)。

 導入路線は東武スカイツリーライン(伊勢崎線)・日光線の北千住~南栗橋間と東京メトロ日比谷線です。7月7日(金)、北越谷10時04分発の中目黒行き列車から運転されます。

 東武鉄道は今後、2018年3月までに10編成(70両)、2019年度までに計22編成(154両)を順次導入していく計画です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170622 tobu70000 02
  • Thumbnail 170622 tobu70000 03
  • Thumbnail 170622 tobu70000 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これなら東横線が入っても文句言われない。
    東横線の各停なら7両でも余力ある。
    逆に東横線の急行、特急は全て10両にしないと混むから、東急5050系を一部7両にした上で10両組み込みも行う。
    そうすれば急行の殆どが10両になり、各停も日比谷線に入線可能になるだろう。
    そして伊勢崎線の方は日中の東武動物公園止まりを久喜や南栗橋に延長した上で日比谷線・半蔵門線をそれぞれ3本ずつ久喜と南栗橋に送った方が便利であり、何も東武動物公園駅で待ち合わせを行えば完璧だ。