「東日本のおみやげ」No.1は「バターフィナンシェ」に決定 128品から選出

JR東日本が「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ」の結果を発表。シュクレイの「バターフィナンシェ」が総合グランプリに選ばれました。

総計9万4300票

 JR東日本は2017年7月13日(木)、「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ」の結果を発表しました。

 これは今年4月のJR東日本発足30周年を記念し、東日本エリア1都16県の「おみやげ」からグランプリを決める企画です。128品がエントリーし、ウェブサイトやはがきで、5月から6月にかけて総計9万4300票が寄せられました。

 そのなかからもっとも多くの票を獲得し総合グランプリに選ばれたのは、東京の新宿「NEWoMan」などで販売されているシュクレイ「バターフィナンシェ」。税込み価格は4個入り864円、8個入り1620円、12個入り2268円です。バターが主役でさっくり、ふんわりの軽快さが魅力といいます。

総合グランプリに選ばれたシュクレイ「バターフィナンシェ」のイメージ(画像:JR東日本)。

 そのほかの受賞品は次のとおり。

●部門賞 お菓子部門
・金賞:桔梗信玄餅(山梨県、桔梗屋)
・銀賞:元祖くず餅(東京都、橋屋)
・新人賞:TERAKOYA オリーブサンド(東京都、寺子屋)
●部門賞 品部門
・金賞:三陸海宝漬(岩手県、中村家)
・銀賞:佐藤養助 稲庭うどん(秋田県、佐藤養助商店)
・新人賞:牡蠣の潮煮(宮城県、末永海産)
●部門賞 地酒部門
・金賞:上越線ビール(群馬県、月夜野クラフトビール)
・銀賞:新潟しゅぽっぽ(新潟県、今代司酒造、越後鶴亀)
・新人賞:RailBar(山梨県、Rolling-C)
●部門賞 工芸品部門
・金賞:SUWADAつめ切りCLASSIC(新潟県、諏訪田製作所)
・銀賞:JR東日本30周年記念まめぐいみやげセット(東京都、かまわぬ)
・新人賞:益子焼マグカップ(栃木県、大塚幸内商店(折越窯))

「新人賞」は発売から5年以内の商品が対象です。これら部門賞のほか、アンケートに基づく特別賞として、「家族に贈りたいおみやげ」に栃木県、庫や(チーズガーデン)の「御用邸チーズケーキ」、「友人や恋人に贈りたいおみやげ」に東京都、グレープストーンの「東京ばな奈」、「出張時に買いたいおみやげ」に神奈川県、崎陽軒の「昔ながらのシウマイ」が選出されています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. それでも、つまらない物ですが・・・

  2. 新宿駅と何の関係があるの?ただお店とか工場とか会社とかがあるだけ?
    それでもいいんだけど、鉄道会社の企画で乗り物の記事なんだから、その辺をはっきりしてもらいたいなあ。田舎者の自分には何が何やら。