「暮らしのIoT」実現へ、東急など77社の「コネクティッドホーム アライアンス」が発足

「スタートアップ企業も参加を」

 発表会で登壇した、フラワー・ロボティクス代表で、コネクティッドホーム アライアンスのデザインディレクターである松井龍哉さんは、企業間の壁を取り払うことで「自由にコネクト(繋がる)する、前後左右が水平線の世界ができる」と話しました。

Large 170914 connected 02 Large 170914 connected 03
スマホに向かって「ディナータイム」と話しかけると、電動カーテンが閉まり、キャンドルライトなどがつく(2017年9月14日、乗りものニュース編集部撮影)。

 同アライアンス特別顧問を務める東京大学の野城智也教授は、「コネクティッドホーム」の成立には参画各社の技術だけでなく、サービスを利用する生活者の目線に立つことが必要とし、そのためにも生活者からの意見を積極的に受け入れて、「learn by doing(試行錯誤して学ぶこと)」の精神が求められるとしました。またアライアンスの今後について、「大企業だけでなく、(スピード感のある)スタートアップ企業にも参加していただきたい」と呼びかけました。

 アライアンスの発起人である東急電鉄からは、市来(いちき)利之常務が登壇。「『コネクティッドホーム』は今後、拡張性と将来性、セキュリティが求められる」といい、研究会の内部に、専門的な分科会を設けることで、分野ごとに研究を行っていくとしました。また、東急沿線にある同社関連施設で、サービス開発に向けた実証実験を行っていく旨を明らかにしました。

 東急電鉄は関連会社のイッツ・コミュニケーションズ(東京都世田谷区)が、2015年2月より住宅向けIoTサービス「インテリジェントホーム」を展開しており、そこで培ったノウハウを生かして、参画企業と新たな需要の掘り起こしを図っていくとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170914 connected 04
  • Thumbnail 170914 connected 01
  • Thumbnail 170914 connected 02
  • Thumbnail 170914 connected 03

最新記事

コメント