日本の鉄道はどうできた? 『エンジニール』作者に聞く教科書にない「黎明期」とは

「新幹線をつくった男」もいずれ登場…?

――今後『エンジニール』は、どのような展開が控えていますか?

 基本的には、現実の鉄道史を反映しながら物語は進んでいきます。今後いろいろな要素が入ってくるんですが、「新幹線をつくった男」として知られる島 安次郎の息子、島 秀雄との、親子の関係と鉄道の発展に対する考え方、捉え方の違いや対立などは考えていますね。ただ、なるべく明治時代にはこだわっていきたいです。

――ありがとうございました。

Large 171013 engineer 03
『エンジニール―鉄道に挑んだ男たち』第1巻は2017年10月13日発売。定価は本体583円+税(2017年10月、乗りものニュース編集部撮影)。

※ ※ ※

『エンジニール―鉄道に挑んだ男たち』の単行本第1巻(リイド社刊)は、10月13日(金)に発売。今回、“最終電車”を擬人化したマンガ『終電ちゃん』第4巻(講談社刊、10月23日発売)も相次いで刊行されることから、出版社をまたいだコラボイベントが実現します。

 わたらせ渓谷鐵道(群馬県みどり市)では、この鉄道マンガ2作品のヘッドマークを取り付けた列車が、桐生~間藤間の全線で10月29日(日)まで運行中。また、11月11日(土)には、東京・神保町の書店「書泉グランデ」で、『エンジニール』の作者・池田邦彦さんと、『終電ちゃん』の作者・藤本正二さんによるトークショー&サイン会が開催されます。参加券は同店で13日(金)以降、『エンジニール』第1巻と『終電ちゃん』第4巻を購入した先着50人に渡されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント