日産、自動運転の公道テスト開始 目的地まで一般道・高速道路を自動で走行

2017年10月、日産が「インフィニティ Q50」をベースとした最新の自動運転実験車両で、公道テストを開始しました。

2020年以降の実用化目指す

 日産は2017年10月26日(木)、最新の自動運転実験車両で公道テストを開始したと発表しました。

「インフィニティ Q50」をベースとした実験車両には、新世代の自動運転技術「プロパイロット」が搭載されており、ナビゲーションシステムで設定した目的地まで、一般道と高速道路を含むルートを自動運転で走ります。

Large 171026 nissankodotest 01
「インフィニティ Q50」をベースとした自動運転実験車両のイメージ(画像:日産)。

 車両には12個のソナー、12個のカメラ、9個のミリ波レーダー、6個のレーザースキャナー、HDマップが備わっており、車両の周囲360度の情報と、自車の正確な位置を把握。また、複雑な交通シーンを解析するAI(人工知能)技術も搭載されており、たとえば高速道路の料金所に近付くとシステムがETCレーンを検出し、自動運転で通過するといいます。

 研究・先行技術開発を担当する日産の浅見孝雄専務執行役員は、「最新の『プロパイロット』実験車両に搭載した技術は2020年以降の実用化を目指しており、私たちは目標の実現に確実に向かっています」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171026 nissankodotest 02
  • Thumbnail 171026 nissankodotest 01

関連記事

最新記事

コメント