小田急、12年ぶりに制服刷新 新ダイヤ開始に合わせ「イメージアップ」目指す

小田急電鉄が、2018年3月の複々線完成に伴う新ダイヤでの運行開始に合わせ、運転士と車掌、駅係員の制服を12年ぶりにリニューアルします。

「新しい小田急」のシンボルに

 小田急電鉄は2017年11月1日(水)、運転士と車掌、駅係員の制服を12年ぶりにリニューアルすると発表しました。

 新制服の着用は、2018年3月の複々線完成に伴う新ダイヤでの運行開始に合わせて実施される予定(特急「ロマンスカー」の乗務員は除く)。「抜本的なイメージアップ」の実現を目的とし、「新しい小田急」のシンボルとして、着用するスタッフの思いを反映した先進的なデザインを採用。動きやすさを維持しながら、見た目の「格好良さ・スマートさ」を向上させたといいます。

171102 odakyunewseifuku 01
2018年3月から着用が開始される新制服のイメージ。左から駅係員(女性・男性)、乗務員(同)、現業長(同)(画像:小田急電鉄)。

 小田急電鉄によると、ジャケットはグレー、ズボンはブラックと異なるカラーを組み合わせたデザインで「おもてなし感」を演出。襟と袖、ボタンなどには金のラインが採用され、上質感を演出しています。また、現行の制服から耐久性はそのままに、さらなる軽量化を実現。ベストを含むすべての服にストレッチ素材が使われ、快適性の向上も図られます。

 小田急電鉄は「今後もより一層、安心・便利・快適な輸送サービスを提供し、日本一安全な鉄道をめざします」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171102 odakyunewseifuku 02
  • Thumbnail 171102 odakyunewseifuku 01

関連記事

最新記事

コメント