米の「カムリ」人気はなんなのか? 現地トヨタディーラーに聞いた実際のところ(写真26枚)

2017年のSEMAショーにて、トヨタブースは「C-HR」&「カムリ」祭の様相を呈しました。日本以上にアメリカで人気という「カムリ」、実際のところどれほどの人気なのでしょうか。現地のディーラーにアポなし取材を敢行しました。

アメリカでの「カムリ」人気の実際とは?

 2017年1月の「北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)」で世界初公開となったトヨタ「カムリ」は2017年7月、日本とアメリカでほぼ同時期に販売が開始されました。10代目となる同車はそれまでの少し上の世代をターゲットとしたような落ち着いたイメージを払拭し、とってもカッコいいスタイルとなりました。日本のユーザーにはおおむね好評のようです。それでは、アメリカでの評価はどうなのでしょうか。

171113 camry 01
「SEMAショー2017」トヨタブースにて。NASCARドライバーのカイル・ブッシュがカスタムを手掛けた新型「カムリ」(2017年11月、加藤博人撮影)。

 新型発売からおよそ5ヵ月が経過した2017年11月上旬、アメリカのラスベガスにて開催されたカスタムカーの一大イベント「SEMA(セマ)ショー2017」において、トヨタは新型「カムリ」の2018年モデルと、新たに投入された「C-HR」を中心にした出展を行いました。特に「カムリ」に関しては、標準モデルに加えてNASCARの契約ドライバー4名それぞれが手掛けた4種のクールなカスタムカーのほか、初代から10代目(現行)まで歴代「カムリ」を一堂に展示するなど、「大カムリ祭り」といえるほどの盛り上がりを見せていました。

 それもそのはず、「カムリ」は車王国アメリカで世界各国のセダンがしのぎを削るなか、15年ものあいだ、乗用車販売台数1位をキープしています。アメリカのユーザーは「カムリ」のどんなところに魅力を感じているのでしょうか。また、新型「カムリ」の評判はどのようなものなのでしょうか。ロサンゼルスのトヨタディーラーにて取材してきました。

171113 camry 02 171113 camry 03 171113 camry 04
「SEMAショー2017」にて。初代から現行10代目までの「カムリ」がズラリ。
米カリフォルニア州ガーデナ市のトヨタ車ディーラー、SOUTH BAY TOYOTA。
新型「カムリ」の、日本では販売されていないスポーティグレード「SE」「XSE」がずらり。

 私(加藤久美子:自動車ライター)が訪れたのはロサンゼルス郊外ガーデナ市にある、SOUTH BAY TOYOTAというディーラーです。アポなしだったので、ダメ元で行ってみました。時間は17時を過ぎており、もう閉まっているのではないかと思ったのですが……グーグルマップの情報を見ると開店時間は21時までとなっています。半信半疑で行ってみると、駐車場もオフィスも煌々(こうこう)と明かりがついていて、オフィスには人影もいくつか見えます。私たちがゲスト用駐車場に車を停めると、なかからスタッフが出てきました。そこで、日本の自動車メディアで記事を書いていることや、アメリカでの「カムリ」ユーザーのことや新型「カムリ」への評価を知りたいということを伝えたところ、インターネットセールスの責任者であるジェイ・ソリアーノさんが対応してくれることになりました。フレンドリーな雰囲気の中、取材を快諾いただき、インタビューを開始しました。

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(26枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171113 camry 10
  • Thumbnail 171113 camry 11
  • Thumbnail 171113 camry 12
  • Thumbnail 171113 camry 13
  • Thumbnail 171113 camry 14
  • Thumbnail 171113 camry 15
  • Thumbnail 171113 camry 16
  • Thumbnail 171113 camry 17
  • Thumbnail 171113 camry 18
  • Thumbnail 171113 camry 19
  • Thumbnail 171113 camry 20
  • Thumbnail 171113 camry 21
  • Thumbnail 171113 camry 22
  • Thumbnail 171113 camry 23
  • Thumbnail 171113 camry 24
  • Thumbnail 171113 camry 25
  • Thumbnail 171113 camry 26
  • Thumbnail 171113 camry 01
  • Thumbnail 171113 camry 02
  • Thumbnail 171113 camry 03
  • Thumbnail 171113 camry 04
  • Thumbnail 171113 camry 05
  • Thumbnail 171113 camry 06
  • Thumbnail 171113 camry 07
  • Thumbnail 171113 camry 08
  • Thumbnail 171113 camry 09

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. これが物作りの成功例だとしたら国内ユーザーは輸出車のお下がりを延々喰らわされるハメになるな、ろくすぽ味の分からんような企業傘下の評論家が達が最初に味見したら二枚舌の評論しかできないのは当たり前で、これに見る、触る、感じるが欠落した衝動買いが加われば広がらぬ国土に来す障害はどれだけのものか?

  2. カムリの新型も素晴らしいですね。わたしは、旧年式のクラウンが好きです!

  3. 10代目?そんなもん名前だけがシャシを乗り替えた回数でしょうに、確か初代は多彩な販売系列の為に強引にFRカリーナ系カムリを名乗らせたのが言うなら初代ではなかったでしょうか?ウインダムもこの名の車がFFに代わった後の上級扱いのプロミネントと言うFFにV6を搭載したフロントヘビーな車種が先祖ではなかったでしょうかね

  4. このライターさん想像力って皆無に等しい。
    その上アメリカを語るのにアメリカンフットボールはおろかNASCARをよくご存じないらしい。
    写真撮影はご主人?東京モーターショーの写真をネットに投稿してる素人の方がいい写真撮りますよ。
    NASCARドライバーが手がけた4台のカスタムカーにしたって、キャプションが貧困すぎる。この4人がNASCARでどれくらいの位置にいるかざっと調べただけでわかるし、うち3人が所属するチームのオーナーがアメリカで尊敬される人物のひとりであることもすぐにわかる。
    街中でカムリオーナーに話も聞かず、たった1件のディーラーに取材しただけで何故売れているかの理由付けにするとか無理がありすぎる。

  5. また提灯記事かよ!新型カムリが米国で売れてるって?人気だって?どの程度売れてるか知らんがそもそも米国販売はエンジン車とハイブリッドの車種構成が二系列だと言う事だ、自動車先進国を自負する欧米ではハイブリッドなどと言う欺瞞は通用しないと言う事だ!高々数十キロのバッテリー満タンのうちだけ27Km/l、バッテリーへたれば只のエンジン車と言う欺瞞に日本人も早く気付くべきだ、金で動くマスゴミも評論家も聞くに値しない!電気モーター、バッテリー、補記類で部品点数増やして重量増やしてハンドリングもMTBFも悪化させ恰も走行中の全行程で27Km/l走るかのような印象広告は詐欺と言わざるを得ない!国交省黙認という現状も金か?燃費計測の間だけの数値でいいというのなら制度の欠陥である!日産のEVもしくはMAZDAの真摯な取り組みが正攻法である!このところプリウスだのカムリだの売れてる売れてると評論家巷間喧ないがトヨタ遂に尻に火がついたかと思わざるを得ない!!

    • ハイブリッドに乗ってるが、実際にガソリン車よりも燃費は良いですけど、何か?

  6. カムリもアコードもアメリカ人の好みに合わせてベストセラーになった。
    (その代わり日本では売れない車種になってしまったけど)
    フルサイズのSUVとかタウンカーそのまま持ってきて日本人はアメ車買ってくれない
    なんて企業努力の無さも甚だしい。

  7. そりゃ歴代商品を肯定ばかりしてりゃ化粧直しの車しか出てこねーわな、買う側の厳しい目が少しでも肥えてりゃ風向き変わったに、ハイブリッドもいいんだけどね、重いバッテリーとモーターは巡行では完全なお荷物だし、ましてや燃費が良かろうが悪かろうがハイブリットシステムと言うだけで重いハイブリッド車に重量税免税はねーだろうよ