先進技術実証機X-2、お役御免のその後は? 予定の試験を終了、もう飛ばないのか

「心神」の愛称で知られる先進技術実証機X-2がすべての予定を終了しました。もう飛ぶことはないのでしょうか。

X-2、予定のミッションを完了

 2017年10月30日、防衛省/防衛装備庁において試験飛行を実施していた国産ステルス機、先進技術実証機X-2が最終フライトを実施し、予定されていた全試験を完了しました。X-2は2016年4月22日に初飛行し合計32回のフライトを行い、まず計器動作の確認が行われたのちに高度な飛行制御技術、そして空中におけるステルス性の確認などが実証、検証されました。

 また11月19日(日)に開催された岐阜基地航空祭においては、昨年に引き続き2度目となるX-2の一般公開が催され、見学の待ち時間は、ピーク時には数時間にもなるなど注目を集めました。

171122 x2 01
先進技術実証機X-2。「心神」というニックネームで知られるが、テストパイロットらは一度もその名で呼んだことがないという(関 賢太郎撮影)。

 今後、現在のF-2戦闘機の後継機調達について、X-2で実証された技術を適用する次世代戦闘機を国産するかどうかの方針決定が行われる予定でしたが、11月13日(月)にロイターが報じたところによると、防衛省は次世代戦闘機開発の先送りを検討中であるといいます。これが事実なら、F-2の後継がどうなるのかは不透明な状況といえるでしょう。

 現在、日本やアメリカをはじめイギリスなど西側諸国においては、将来型戦闘機のコンセプトが続々と公表され、次世代機がどのような性能を有す必要があるのかある程度の方向性が見えつつあります。たとえば多数のUCAV(無人戦闘航空機)を管制する能力などは共通していますが、そもそもいまだUCAV自体が存在していませんし、実際の開発プランに繋がるものは皆無です。こうした状況下ではF-2後継機の開発を急ぐのは得策でないとの判断が優勢であるのかもしれません。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171122 x2 04
  • Thumbnail 171122 x2 01
  • Thumbnail 171122 x2 02
  • Thumbnail 171122 x2 03

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 飛行教導隊に配備したら?