年収400万あれば若者はクルマを買う? 4割が前向き、ネット調査で明らかに

年収400万円あればクルマを購入したいとする20代の若者は4割との数字が明らかになりました。

同年収なら未婚者より既婚者のほうが前向きに

 年収400万あれば自家用車の購入に前向きな若者は、約4割いることが明らかになりました。三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンス(東京都中央区)が2017年10月初頭、20代の男女1000人を対象に「20代の金銭感覚の意識調査」と題し、インターネット上で調査した結果によるものです。

171201 smbc 01
年収400万円で、クルマを購入したい人は4割との調査結果が。写真はイメージ(画像:マツダ)。

 それによると、自家用車について、「所有しよう(購入しよう)と思える年収(世帯年収)は?」という設問に対し、過半数が購入したいと回答したのは年収500万円からで、55.6%(累積比率。それ以下の額面とした回答も算入した、全体に対する割合)とのことです。年収400万円では39.2%と、約4割が購入に前向きでした。

 以降、年収の額面が上がるのに比例し、購入したいとする回答も増え、年収1000万以上あれば購入したいとする割合は80.4%に達しました。残りの19.6%は、年収がどんなに多くても購入したいと思わない人の割合になります。

171201 smbc 02
クルマや家を所有しようと思える年収の回答結果。折れ線が、その額以下の回答の累計。(画像:SMBCコンシューマーファイナンス)。

 また、上記のように全体の4割を占める「年収400万円あれば自家用車を購入したい」という人の内訳は、男性32%に対し女性46.4%と女性のほうが多く、未婚者(サンプル数822人)で36.9%だったのに対し既婚者(サンプル数178)では49.5%となっています。同じ世帯年収で比較した場合、男性より女性が、未婚者よりも既婚者のほうが、車の購入に前向きであるという結果になりました。

 なお今回の調査は全国を対象とし、有効回答から男女比、20代前半・後半比が均等になるように抽出した1000サンプルによるものとのことです。調査内容は上述のほか、お小遣い額や電子マネーの利用、使いみち、結婚にまつわることなど、金銭感覚に関し多岐にわたる項目が並びます。

【了】

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171201 smbc 03
  • Thumbnail 171201 smbc 01
  • Thumbnail 171201 smbc 02

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 私だったら、車ですね!
    特に、アメ車がいいですね☀

  2. 年収400万だけあっても車買わない。
    プラスして余暇が週2日以上確保できないなら、車買っても乗る場面ないもの。

  3. 若者でなくても今の車の売り方、乗り始めるまでの経過、そのうちに何処ぞの国の住宅ローンみたいに焦げ付くんじゃな~い?

  4. 実際には買わないよ。
    金がなくて買えないとかじゃないから。
    昔の若者のほうが貧乏だったけど車買ったのは、他にあんまり使い道無かったから。
    今、手元に金あったら車なんかより優先して買いたいモンいっぱい出てくるよ。
    で、結局買わない。
    ってか、要らんでしょ?今どき。

  5. 今の車が車検を通らなくなったらマイカーを持つのを止めようと思う。ただ、それまでは苦楽を共にしてくれた“彼”を手離す気にはなれないのだ。

  6. 土日にしか乗らないものに大金は、払いません。