タクシー車内で吐くとどうなるのか 車両は営業できなくなることも… 弁償の必要あり?

タクシーで気分が悪くなり、吐いてしまった場合、その車両は一時的に営業ができなくなるようです。乗客はそれに対して補償する必要はあるのでしょうか。

車内での嘔吐、車両は営業不可に

 忘年会、新年会シーズンは、酒に酔った状態でタクシーに乗り帰る人も増えるかもしれません。

Large 171206 taxig 01
深夜のタクシー利用も多くなる年末年始。車内で吐いてしまった場合は……写真はイメージ(画像:写真AC)。

 もし、タクシー車内で気分が悪くなった場合、乗務員はどう対応するのでしょうか。都内大手の日本交通(東京都千代田区)に聞きました。

——気分が悪そうな乗客には、どのように対処するのでしょうか?

 乗務員がお客様の状況を見ながら、こまめにお声がけをさせていただきます。ご気分が悪いようでしたら、お客様の許可を得て窓を開けるほか、必要に応じて公衆トイレなどに立ち寄るといった対応をしています。

——耐えきれず車内で吐いてしまった場合はどうなるのでしょうか?

 そのタクシーは営業ができなくなりますので、お客様を送り届けたあと、車庫へと戻します。特殊な清掃をし、吐瀉(としゃ)物はもちろん、においも完璧に取り除いてから営業を再開させます。

※ ※ ※

 車内で吐かれてしまい、その後の営業ができなくなれば、当然ながらその乗務員やタクシー会社には損失になります。この損失分は、乗客に請求されることになるのでしょうか。

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171206 taxig 02
  • Thumbnail 171206 taxig 01

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 吐くまで飲む人や終電逃した人は大きなお得意様ですからね、なんとも辛いとこでしょう

  2. 予備の座席があるとは知らなかった…。
    でも、わざわざ車庫へ帰って掃除をする事に変わりはないので、「その分の営業ができないのは申し訳ないので」と言いつつ、半ば強引に結構な額を渡した事がある。
    ちなみに私は下戸で、酔い潰れた人を介抱しつつ送っただけなので、完全に持ち出しなんだけど。

  3. 元タクシー運転手ですが、これは全国一律の規律を作ってもらいたいところです。

    稼ぎたい運転手は完全歩合制でやってる人が大半です。吐かれてしまうとその日の営業収入が極端に落ちます。たった1日の売上ですが非常に非常に大きいです。

    それが嫌で会社は客からお金を取るな!と表向きは言っていますが、しっかりその日の売上分は確保しようとする運転手はたくさんいます。(週末なら普段6万稼げる…まだ2万の状態なのに吐かれたら、そのお客さんには4万円請求する…などなど。会社は一切補填してくれませんから)

    運転手には養わなきゃいけない家族がいます。酔っぱらいにそんなたわいもない幸せを潰されるのかと思うと、どうしても会社が駄目といった所で請求してしまいます。

    だからこそ、タクシー車内で吐いた時のルールを作って欲しい。そして一般常識として浸透して欲しいです。せめて、吐かれた際の運転手の給料は100%保証して欲しいです。

    こんなだから酔っぱらいを乗車拒否する運転手が絶えないわけです。最悪、吐くなら窓を開けて外に吐いてもらったほうがまだマシです。。。

  4. 最近は“飲まれちゃう人”がなんと多いことよ。駅前のビジホ確保しときましょう。

  5. 困ったもんだねオノレの器をはみ出して吐く客なんて

  6. 営業認可ってなー事業計画としてドライバー個人の利益とか組み込まれんですかね?吐かれたら売上減って結果減給みたいなもんなんでしょ?アホみたいに何でも認可してタクシーを増車申請すりゃドライバーさん自身は苦しいでしょうに?ここんとこ国がその自らの堕落の火消しに緩和に歯止めをかけるべく増車の勢いは無くなった影で建て前的な減車の証に働き盛りのコンフォートがナンバー切って眠っていたり、稼ぎたいが結えに自宅に個人タクシーでもない担当事業車を乗って帰ったり各々必死なとこに吐かれたんじゃたまりませんよね、因みに事業車を自宅に乗り付けるのは違法です。

  7. 個人タクシー事業者です。
    この様に記事にされると大変迷惑です。
    車内を汚される事案は確かに有りますが、あくまでもお客様の過失であり、受けた損害に付いては賠償請求します。と、約款にうたっております。

    但し、約款では事業者が請求する。とあり、運転手、運転者には請求すると権利が有りません。

    法人ではその運転手の売上の損害程度で済む話なので、事を荒立てない方向に有ります。
    しかし、個人タクシー事業者はその損失が時には2〜3日臭いを抜く為に休まざるをえず、収入が無くなり死活問題にも成り経ません。